ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

ブログ始めて3カ月経ったので、始める前と比べて変わったことをまとめてみた

f:id:pump9015:20170808172400j:plain

記念日とかそういうのに無頓着な僕。正直、全然気付いていなかった。

ブログの管理画面でいろいろいじくってる時に、「ブログ開設日」という文字を見つけて唖然とした。もう3カ月も経っているのだ。

時間が経つのは早い。

 

「これ何かの記事ネタにできないかなぁ」と考えてできたのがこの記事である。

ブログを始める前と後で僕が変わったこと、ブログのメリット、デメリットを書いていく、というものだ。

特に目新しいテーマでもなく、内容に特別面白味があるとも言い難い。でもまぁ、別にいいよね?みんな読んでくれるよね?

 

ブログを始める前と比べて変わったこと

①文章の質・執筆スピードが上がった

僕は小さいときから本を読むのが好きで、そのおかげというわけか、学校の中でも作文は上手に書けるほうだった。いや、書ける方だと思っていた。

確かに学校で作文はやらないわけではないが、そんなの書く機会は滅多にない。夏休みや冬休みの宿題、校内で行われた弁論大会、それに先生に怒られたときの反省文、そのくらいだ。

年に数回、ちょこまかと作文を書くだけ。そのときだけ僕は、みんなよりちょっと早く書き終わって鼻を高くしていたのだった。

 

そんな「作文は得意だし~」なんて思っていた僕は、甘い気持ちでブログを始めた。それは苦痛の始まりでもあった。

文字数が全然続かないのである。時間を削りに削って書いた文章が1000文字ちょっとしかないのだ。これは作文用紙3枚に匹敵する。

そんな僕を横目にとあるブロガーは「一記事2000文字は絶対に書くようにしている」なんてぬかしおる。ってやんでぇ!べらぼうめぇ!

これではほとんど毎日「なつやすみのおもいで」を書かされるようなものだ。僕には耐えられないと思った。そんなに書くことないしネタがっても内容が追い付かない。ここは地獄か。エンマ大王はどこだシバくぞゴルァ!

 

と、こんなことを思っていたのだが、今ではすっかり慣れてしまった。

一記事2000文字も一応達成できている。というか普通に書いたらだいたい2000字は越えるようになってきたのだ。

もはや一般常識である。信号が青のときだけ渡るのと同じように僕は2000字以上の記事を書くのだ。

 

そして、当然ながら文章の質も伸びてきた。いまだに無個性で似たようなネタばかり乱用する文章ではあるが、読めないことはないだろう。

特に変わったのは文末だ。今は修正してしまっているが、数か月前の僕の記事はですます調だった。

ところがある日のこと、ふと「ですます調」退屈さに気付いたのだ。このままでは画一的で当たり障りのない文章になってしまう。というわけで今の馴れ馴れしい「タメ口」に変わったというわけだ。

今でも画一的な文章だ、と言われると否定できない。

 

②メモをつけるクセができた

ブログをするからには、記事ネタを自分で探さなければいけない。

ブログ開設当時の僕がネタに困ったことは予想ができるだろう。否定するまでもなくその通りである。

なんたって、そのときの僕はパソコンに向かってから「今日は何を書こう」と考えていた。そして書くネタが思いつかず、けっきょくやる気を無くす、その繰り返しだったのだ。

何よりも「あ、これ記事にできそう」と思ったことがあっても、十分後には忘れているのである。僕はチンパンジーであった。

 

そんな僕が今大事にしていることが、メモである。

メモといっても、ポケットに忍ばせるようなオシャレなものじゃない。A4コピー用紙を机の上に置いて、記事ネタを思いついたときに即座にそこに殴り書きするのである。

記憶力に自信がありながら物忘れをし、物忘れをしたことすら忘れるから「メモしなくても覚えられる!」なんて考えていたのが以前の僕だ。完全にボケジジイである。

しかし、やはり忘れるものは忘れるのだ。ブログネタというアイデア系の事柄なんか、なおさらのことだろう。

 

そんなことから始まった僕の「メモ管理術」は、ブログネタだけにとどまらなかった。メモすることの便利さ、快適さに今ごろ気付いた僕は、ありとあらゆるものをメモ化していったのである。

一日の計画、今月の目標、謎の計算式、「いつかやってみたいことリスト」、「モテるためにやるべきことリスト」等々のメモ用紙にまみれ、僕の机の上は大変なことになってしまった。これからはちょっと控えようと思う。

 

 

③ネットの無意味さを知った

ネットで情報提供している僕が言うのもなんだが、ネットの情報に価値をおいてはいけない。

偽情報が多いとかそういうのもそうなんだけど、「ネット情報で何もかも分かった気になる」という人が凄く多いのだ。

今じゃネットは情報の宝庫のように考えられているが、ネットで得た情報ほど価値のないものはない。

ネット検索でヒットした全ての情報よりも、一冊の本に書かれてある情報の方が、圧倒的に深く信頼性のある情報を手に入れられるのである。ネットは表面的な知識しか得られないのである。

 

この理由のひとつに、「簡単でわかりやすい内容の方が見られやすい」というのがある。

あまりにも難解で専門的な知識を披露してしまうと、ユーザーは離れやすいのだ。そんな理由で僕を含むネットユーザーは、できるだけ簡単でかつ注目を得やすい情報だけを流すようになる。

その結果、本気で学びたいものがある人は本を買うなり大学に行くなりして、ちょっと内容に興味がある人は手始めにネット検索、という図式が出来上がるのである。そしてそのネット検索勢の中で粋がってる奴等、こいつが「ネット情報で何もかもわかった気になっている」奴等である。

 

僕もちょっと前までは、何でもネット検索して知識を蓄えた気になっている奴の一人だった。

ブログを始めてからやっと、情報の価値というものが分かってき始めたのだった。

「文章 テクニック」で検索するより、文章テクの本を読んだほうが、抱負な情報を短時間で頭に叩きこむことができる。このようなことを痛いほど実感した。

ネットの情報は、所詮寄せ集めのタダ情報だったのだ。タダほど怖いものはないというが、タダだからこそ審査されない、タダだかろこそ気軽に流せる、そのレベルの情報だったのである。

 

もちろん、ネットが悪いというわけでも、ネットの情報全てを否定するわけでもない。

ネットは手軽な情報収集ツールである。世界中の情報を瞬時にキャッチできると考えれば、やはりそれは世界一のツール、情報の宝庫と言えるのかもしれない。

要するに、「専門的に学びたかったらお金かけてでも勉強しろよ」という話なのだ。「美味しい居酒屋どこ?」的な情報はネットで十分だろう。

情報の価値を考えて、本気で得たい情報は買ってでも得る、というのが正しい情報との付き合い方だろう。

 

④物事の捉え方が変わった

僕がブログを始めたばかりの頃、全然字数を稼げなかった、ということは前述した。

ではなぜ書けなかったか、ということだが、僕の好きなものについて紹介するとき、「どう言葉で表現すればいいか分からない」という状態に陥ってしまっていたからだ。

自分の好きなこととは、楽しい、面白い、気持がいい...などのプラスの感情がわき出てくるもののことである。しかし、ただひたすらに「この本は面白い本です!」「この音楽ちょうかっこいい!」を連呼してもしょうがないのだ。それはお世辞にもいい文章とは言えない。

そこで考えるべきなのが、「それ特有のよさ」である。「この本はこういうところが変わっていて面白いです!」「この音楽はこんなところが他の音楽より違う!」というように、もっと具体的に感動を伝えられること、それができてこそ書評、音楽ブログは書けるのだ。

 

本を読むとき、音楽を聴くとき、散歩して風景を眺めるとき...こういうときに、「どうすればこれの良さを伝えられるだろうか?」ということを常に考えられるようになった。何も考えず頭すっからかんで生きてきた僕にとって、これは革命である。

とは言うものの、考えるのとわかるのは別物だ。僕の乏しい語彙力では、僕の感じた感動を伝えられないこともしばしば。

というか、感動を完全に再現することはもはや不可能だと思う。

感動は各々の手で、五感で、ときには第六感までフルに使って感じとるものだ!決して勉強や思考の先にあるものではない!

 

...話がそれたのでここで終わりにしよう。僕の文章の質はやっぱり変わっていないかもしれない。

ちなみにこれで3400字ちょい。文字数だは進歩しているようで安心した。

 

おわり。