ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

ドラムロールは絶対にできる!練習方法と修得のコツ

f:id:pump9015:20170709190014j:plain

ドラムロールとは何か?

ランキング発表や授賞式の、「それでは第一位の発表です!」の後の、「ドゥルルルルル....」とか「ザァァァァァ....」といった感じのやつ。

 

これのこと。盛り上げるというか焦らすというか、そういう役割がある。

 

ドラムロールの種類

実は、ドラムロールにも種類がる。

 

①バズロール

②ダブルストロークロール

 

大きくわけて、この二つ。

それぞれ細かく解説していこう。

 

バズロール

クローズドロールとか、あとプレスロールとかとも呼ばる。

その名の通り、プレス(押し付け)して細かい音符を叩く奏法

比較的初心者にも修得しやすいロールである。

 

やり方

リバウンドを殺さないようにしながら、スネアにスティックを押し付ける。

そうするとスティックが跳ねて、細かい音符を鳴らすことができる。

これを左右に繰り返す。これだけだ。

 

...文章じゃ分かりにくいだろう。というわけで。

百聞は一見に如かず。動画で見てみよう。

どーん。他人様の動画をお借りさせていただきました。

ぶっちゃけこれ見るだけでOKだ。僕の文章いらない。

 

バズロールの練習方法

これはもうねぇ...ひたすら繰り返すしかない

意識することは、「繋がって聞こえるように、空白を作らない」ということ。

 

それと、これはある程度リバウンドがないと出来ないやつなので、たまに聞く「枕で練習するといいよ!」っていうのはあまり意味がない

枕練習が効果的なのは、後に説明するもうひとつのロール、ダブルストロークロールのことである。

 

バズロールのコツ

何度も言いますが、これはある程度リバウンドがないと出来ない。

そのリバウンドを殺さないために大事なことが、スティックを強く握らないこと。

動画でもやっているように、人差し指と親指でつまむようにしよう。

 

そしてもうひとつ。

「スティックを押し付ける」という表現がよく使われますが、ぐいって力強く押しあてても、「ザァッ」っていうしょぼい音が鳴るだけ

ハネたスティックを、手や指でそっと押さえてあげるイメージだ。

 

バズロールのステップアップ

動画では「スネア端の方で」と解説されているが、慣れてくれば真ん中のあたりでもできる。

それができれば、「音量を小さくしたければ端の方」「大きくしたければ真ん中」というように使い分けられるようになるのだ。

もちろん、「端から真ん中」「真ん中から端」というふうに移動させれば、クレシェンド、デクレシェンドの表現も可能。ここまでこればマスターだ。

 

ダブルストロークロール

オープンロールともよばれる奏法。

片手で連続で「タタンッ!」と叩く、ダブルストロークという技を応用させたもの

均等な音になるのが特徴。ちょっと難しいやり方。

 

やり方

こちらも映像で見てもらおう。

最初はゆっくりと叩いているが、0 : 26あたりから綺麗につながって聞こえる。

これがダブルストロークロールと言われるものだ。

 

打面をスティックで叩いたあと、そのまま腕を振り上げずにもう一打

腕の動きはふつうの一打のまま、二打叩くということ。

それを左右で繰り返す。これだけで完成。

バズロールよりも細かくはならないが、粒の揃ったロールになる。

 説明おわり。

 

・・・

 

「説明不足だろこれ!一打の動きで二打ってどうやんだ!」

そりゃそうだ。怒るのも無理はない。

 

ちょっと強引に聞こえるかもしれないが、連続で二打叩ければダブルストロークと言えるわけなので

バズロールみたいに押し付け気味でも、指でスティックを動かしても、もう何でもいい。

なんというか、どの奏法で始めても、練習を続ければ、けっきょく行き着く先は同じになるのだ。

 

つまり何が言いたいかっていうと、

つべこべ言うなー!二打できればダブルじゃぁい!やれば速くなるからやってみろ!!

ってこと。

 

ダブルストロークロールの練習方法

過去記事参照。

手抜き。クソ記事ブロガーの鏡。

 

ダブルストローク修得のコツ

過去記事さんしょ...いや冗談。このくらいなら書いておこう。

・遅いテンポからじっくりと

最初は本当に遅くていい。どんな阿保でもできるテンポからでいい。

・「もうちょっとで出来そう!」テンポをひたすらやろう

そのうち出来るようになるから。

・練習は毎日

練習パッドがあれば自宅でもできる。時間がない日は一日10分でもいい。

 過去記事コピペ

僕の上達法はこれが全てだ。科学的、心理学的な上達アプローチは無い。僕はそんなに親切ではないのだ。

 

と、これに加えてもうひとつ。先ほど、

「バズロールみたいに押し付け気味でも、指でスティックを動かしても、もう何でもいい!」

なんて書いたこと。

 

誤解してほしくないのは、指でスティックを動かすといっても、「俺は指でダブルストロークするから...!押し付け気味でもできるけどこれは間違った奏法だ...!」なんてことは無いということ。

奏法に正解も間違いもないし、どの奏法にも共通点や、学ぶべき点がある。

ひとつの奏法に固執しないことも、修得の鍵になる。

 

ダブルストロークのステップアップ

こっちもバズロールと同様、スネアの端と真ん中を使い分けることで、音色の幅を広げることができる。

 

ダブルストローク特有のステップアップといえばこれ。

パラディドルというやつ。

これができれば、スティックコントロールが格段に跳ね上がる。

これもスピードアップすることで、ロールっぽくなる。こんな手の込んだロールは実用性に乏しいが。

ロールを交えたフィルインなら、ドラムソロでおおいに役立つだろう。

 

例えば、パラディドルより更にレベルアップした「パラディドルディドル」というやつがあるが

それを使えばこんなこともできる。

ロールとはちょっとそれた話になったが、こういうのに挑戦するのも面白いだろう。

 

おしまい。