ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ』再録! 比較と感想

2016年11月30日、アジカン、ソルファ再録。

 

驚き。2004に発売したソルファを、12年も経ってからもう一度レコーディング。

もちろん収録曲も全部同じ。正直に言おう。売れるはずがない。

 

誰が買うんだよこんなの!

 

 

僕が買いました。

 

ソルファ(2004)とソルファ(2016)の違い

曲順の比較

オリジナル盤がこれ

【ソルファ(2004)】

1.振動覚
2.リライト
3.君の街まで
4.マイワールド
5.夜の向こう
6.ラストシーン
7.サイレン
8.Re:Re:
9.24時
10.真夜中と真昼の夢
11.海岸通り
12.ループ&ループ

 再録盤がこれ

【ソルファ(2016)】

1.振動覚
2.リライト
3.ループ&ループ
4.君の街まで
5.マイワールド
6.夜の向こう
7.ラストシーン
8.サイレン
9.Re:Re:
10.24時
11.真夜中と真昼の夢
12.海岸通り

 

あんまり変わってないように見えるが、実は「ループ&ループ」の位置が違う。

通常版では12番にあったのが、再録盤では3番に移動。

振動覚で勢いよく始まって、海岸通りでゆったりと幕を閉じる...というような構成になった。これはいい改変。

 

曲ごとの比較

最初から最後まで「この曲はこう違うよ!」って話をするのはしんどいので

特に気になった何曲かだけ書いていこう。

 

1.振動覚

間奏にキラララ...という効果音が入っていた。

ちょっとした変化を楽しめるかもしれないが、かっこよくは、ない。うん。

ちょっと不思議な雰囲気にはなった。

 

2.リライト

実は、リライトはYouTubeで聴けちゃうのだ。

T

間奏が大きく変わった。PVの映像通り、水中に沈んでいくような、何かに埋もれていくようなアレンジになっている。

サビの勢いのよさとの対比が、なかなかいいかもしれない。

 

7.ラストシーン

ノイズみたいなのがかかっていて、こもったような、廃退的な雰囲気に。

もちろん、曲が廃退してるという意味ではない。良い意味で廃れた、哀しげな感じ。

ギターの音も、いろいろとエフェクトがかかっている。

 

9.Re: Re:

イントロながっ! ってのが第一印象。

「イントロがらっと変わってるんだけど、なんか聞いたことあるぞ...?」と思ったら、ライブverがこんな感じだった。

このアレンジがよほど気に入ったのだろうな...

 

10.24時

ゴッチの声を重ね掛け。

低音がしっかりして、音が太くなった印象。

 

12.海岸通り

ストリングスが参加しています。壮大な雰囲気が強くなったみたい。

波や海風がうねってるような、そんな感じがする。

それにしてもこの曲で終わるとすっきりする。何度も言うが、ループ&ループを3曲目に持って行ったのは大正解だったようだ。

 

まとめ - 全体的な違い

・ゴッチの声が丸くなった

勢いで叫ぶような歌い方から落ち着いた歌い方になって、低音もよく響く。

ゴッチが前に出てる感じが減って、演奏に溶け込んだような歌声になっていた。

 

・細かいところで演奏に変化がついた

エフェクターで音を変化させたり、ちょっとした効果音を入れたり...

同じサウンドばかりで飽きないような工夫がされるようになった。

 

アジカンも大人になった!

ロックバンドがみんな丸くなるという怪奇現象がある。アジカンも例に漏れず、いい意味でも悪い意味でも、まったりとしてきた。

幼い粗削りなサウンドから、優しい丁寧なサウンドに変わった。

 

もう昔のアジカンは聞けないのだろうな。大人のアジカンを聞くのもまた一興。

おしまい。

>>人気音楽ブログランキングはこちら<<