ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

Zildjianの小音量シンバルがどれだけ凄いのか解説してみた「Zildjian L80 Low Volume Cymbals」おすすめ!

 

Zildjianの小音量シンバルが凄い!

自宅でドラムセットなんて、うるさくてとてもとても....なんて諦めてはいないだろうか?

 

2017年 2月 24日。

Zildjianが、とあるシンバルの発売を開始した。

それがこちら。

 

「Zildjian L80 Low Volume Cymbals」!!

 

この商品の特徴が、その消音性

自宅でドラムを練習したい人にうってつけの、音量の出にくい作りになっている。

 

形状などは普通のシンバルなので、電子ドラムとは違って、しっかりとしたシンバルの打感で練習をすることができる、画期的なアイテムだ。

 

どれくらいの音量なのか、実際に解析してみる

www.youtube.com

音量の比較動画。左下にある、騒音の度合いを表す数値に注目。

 

0:13~の、普通のドラムセットの値がだいたい100db前後

自動車の警笛や、地下鉄の高架下(ガード下)と同じくらいの騒音。

 

対して0:21~の、 小音量シンバルの値がだいたい80db前後

電車の車内、ピアノと同じくらい。こりゃ凄い。

 

ちなみに電子ドラムのうるささが、だいたい60~70db程度

ということは、小音量シンバルは「電子ドラムよりちょっと大きめ」ですね。

環境にもよりますが、壁や床に工夫すれば、ご近所さんが気にもかけないレベルになります。

 

www.youtube.com

こちらはシライミュージックのシライさんが紹介している動画。

4:50~音量比較のデモ演奏が始まります。

耳で聞いて音量比較するなら、公式動画よりこっちの方が分かりやすい。

商品詳細

全部で7種類。セットで買える商品が3種類、単品が4種類。

ハイハットはセットでしか買えない。

ライド、スプラッシュは単品でしか買えない。

 

何から買えばいいのかわからない...という方へ

もしも「買う順番教えろー!」と言う方がいれば...僕はこうします。という話。

 

①最低限のものが全て揃う「13"ハイハット/14"クラッシュ/18"クラッシュライド」セット

②新しい音色が欲しい ⇒ 10"スプラッシュ

 ライドにこだわる ⇒ 20"ライド

 クラッシュ増やしたい ⇒ 16"クラッシュ

 

とりあえず 13",14",18" の3点セットを買っておけば、あとは個々のこだわる部分によって、別の単品ものを買えばOK。

例えば僕ならスプラッシュを買う。音がかわいくて好き。

 

ちなみに 14",16",18" のセットをおすすめしないのは、「新しいクラッシュ買おう!」と思ったとき、14"のクラッシュを単品で買えないから。

16"のクラッシュが二枚あったってしょうがない。

 

まとめ・おまけ動画

Zildjianの小音量シンバルは凄く高性能。

ちょっと工夫すれば、思いっきり叩いても近所に聞こえないレベルになる。(場合によるが)

何買うか迷ったら、とりあえず13",14",18"の3点セット買ってればいい。

 

今回はこの辺でおしまい。

ありそうでなかったシンバルの紹介でした。

 

おまけ

デモ演奏+プロドラマーによる解説

www.youtube.com