ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

渇望に満ちたモンスターバンド『フラワーカンパニーズ』のおすすめ曲3選

正式名称 フラワーカンパニーズ 。略してフラカン

1989年、愛知県で結成。

 メンバーは鈴木圭介(Vo)、グレートマエカワ(Ba)、竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)の4人。リーダーはグレートマエカワ。

 結成26年で初の武道館ライブ。

 2017年現在、まだまだ現役のおっさんバンドである。

 

このバンドの恐ろしさが、その心に迫るほどの迫力

メジャデビューするもヒットに恵まれることなく、音楽を続ける楽しみと同時に苦しみも味わってきたバンドならではの、一度絶望を経験した力強さがある。

今回はそんなフラカンのおすすめ曲を紹介する。

 

深夜高速

www.youtube.com

生きてぇ~てぇ~よかったぁぁぁ!!

全身全霊で叫ぶ喜び。まさにロック。

見た目が冴えないおっさんだからか、バンドで苦労した背景が見える。叫ぶ鈴木の後ろで、一般人には背負いきれないような辛さが見え隠れする。

 

フラカンの代表曲であるこの曲だが、なんと僕の知る限りでも13組のアーティストにカバーされている。

というのも、「深夜高速 -生きててよかったの集い-」という、「深夜高速」1曲をのべ13組のアーティストがカバーする、なんとも珍しいトリュビュートアルバムがあるのだ。

協力してくれる人達が13組も集まったのも、フラカンが多くのアーティストに愛されている証拠だろう。僕にはちょっと信じがたい話である。

 

吐きたくなるほど愛されたい

www.youtube.com

テレビで取り上げられ、話題になった曲。僕もこの曲でフラカンを知った。

 

注目してほしいのは0:40あたりからの、曲の入り。

鈴木が変なポーズとって、いったん静止。そしてドラムス小西のカウントから曲に入る。

タイミングが完璧なのである。カウントの声の大きさも相まって、勢いよく曲に入り込む。

この演奏力とチームワークの高さは、長年ライブを続けているおっさんバンドならではだと思う。

 

そして人間臭さの溢れる歌詞

どこにも行けなかった 自分の回りばっか

ぐるぐる回って まだここにいる

 音楽を続けるか迷って、音楽のことを忘れて別の人生を送ろうかとか考えて

それでもやっぱり音楽の世界から抜け切れずにいる、そんなふうにも解釈できる。

この音楽への尽きない愛情と、「愛されたい」という欲望。そこからいつまでも離れることのできない、人間らしい苦悩。

そういうとこをさらけ出せるから、やっぱり音楽は素晴らしい。

 

ついでにタイトルも好き。どんだけ愛されたいんだ。

 

初恋

www.youtube.com

最後はゆったりめの曲。歌詞に注目してほしい。

恋をした 朝が来た

胸がいっぱいで 眠れないのは 初恋のときと同じなんだな

うれしくて 苦しくて 眠れないのは いくつになっても同じさ

 幼い、いい意味で。少年みたいだ。大人の恋を知らないというか、いつまでも純粋に、初めてしたみたいに恋してる。

フラカンが大人なのは見た目と演奏力だけで、いつまで経っても心は少年で。

あぁいいなぁ、こんな大人も悪くないなぁ、と僕は思った。僕はよく老けていると言われるが。

最後の拍手がパラパラしてるのも、歌詞の恋愛の小ささや幼さが現れているように感じる。僕はその小ささがあまり嫌いじゃない。

 

 

深夜高速 - フラワーカンパニーズ - ap bank fes 10 LIVE - YouTube

蛇足だが、この深夜高速のライブのMC、これが一番子供っぽい。

怪獣とうんこが大好きです!!

 

おまけ - ドラムはレッチリの影響?

Red Hot Chili Peppers(通称レッチリ)っていうアメリカのバンドがあるんだけど、ミスター小西はレッチリのドラマー、チャド・スミスの影響を受けてるんじゃないかと思う

 

手首ものすごいぐいって曲げるとことか、全身を使ったパワフルな叩き方とか、あとガタイのよさとかが似ている。

 

と、初見のときはこんなことを考えていたが、後から見返してみるとそうでもないことに気付くのであった。

 

おわり

>>人気音楽ブログランキングはこちら<<