ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

ドラム・パーカッションの定番基礎練習メニューまとめ

 

前置き - 基礎練習の重要性

「基礎練習ってそんなに大切? 地味だし、普通に曲の練習した方がよくね?」って話。

 

結論から言わせてもらう。基礎練習はめちゃめちゃ大切だ。

なぜなら、基礎ありきの応用(曲)だから。土台ありきの華やかさだから。

基礎練習をしない人がどれだけ曲の練習時間を増やしても、上達は遅いし完成度は低いし、なかなか上手くはいかないのである。

 

音楽 = 基礎 + 応用(各曲の個性)

音楽というものは、基礎+応用(各曲の個性)で成り立っている。

例えば全ての曲が「基礎 : 応用 = 6 : 4」で成り立っているとしたら。

 

基礎がなってない人は、10の練習をしないといけない。

完成したら次の曲。また10の練習。その次もまた10の練習。

キリがないのは一目瞭然だ。

 

対して基礎がなっている人は、それだけで曲の6割が完成しているようなものなのだ。

4の練習で曲が完成してしまう。曲をこなすスピードがもう段違い。

こういうところで差がついてくる。極端な話だが、楽器は基礎練習だけでもずいぶんと上達するものなのだ。

 

何が言いたいかっていうと

上達したかったら基礎練習やるといいよ、ってこと。

 

①チェンジアップ

f:id:pump9015:20170520161425j:plain

テンポを揺らさず、安定して叩けるようになるための練習

4分音符、8分音符、3連符、16分音符....という風に、少しずつ細かい音符で刻んでいく。

この4種類の音符が、楽譜のほとんどを占めている。これだけしか出てこない楽譜のほうが多い。

これが一番大事な基礎練習だ。速さは、初心者ならBPM=60から。できる限界の、またはギリギリできないくらいの速さまで、少しずつ上げていこう。

 

チェンジアップ + α

f:id:pump9015:20170520161542j:plain

チェンジアップ上級編。5連符、6連符、7連符、32分音符まで練習。

6連符は使えると凄く楽しい音符だ。テクニカルなフレーズに応用しやすく見栄えもする、ソロで大活躍の音符である。

(譜面書きが下手くそなのは許してくださいな)

 

②アクセント移動

f:id:pump9015:20170520161714j:plain

アクセント( > )を使いこなすための練習

8分音符の中、アクセントがついたところを強く叩く。

慣れないうちはこれだけでリズムがよれちゃいますが、慣れてしまえば簡単。コツを掴めばすぐにできるようになると思う。

遅いテンポで(ありえないほどゆっくりでOK)、少しずつ感覚を手に馴染ませていくのがコツ。

 

アクセント + α

f:id:pump9015:20170520161858j:plain

アクセント上級編。簡単になったら、数を増やしたものも練習しよう。

連続したアクセントは難易度高め。じっくりと確実に、ひとつずつ丁寧に仕上げていくのがポイント。

 

③ダブルストローク

f:id:pump9015:20170520162041j:plain

最後はもうちょっとランクアップして、ダブルストローク

ダブルストロークとは、連続して同じ手で叩く譜面のこと。(RR,LLのこと)

かるとは思うが、Rが右手、Lが左手だ。昔の僕なら分からなかった。

 

初心者が最初にぶち当たる壁がこれなんじゃないかと思う。僕もかなり苦戦したところだ。

コツは力を抜くこと。繰り返し練習して体が慣れれば、変な緊張もなくなってリラックスできるようになってくる。

 

まとめ - 基礎練習のコツ

・ゆっくりのテンポから、確実に (最初はBPM=60 ~)

・スティックの動きを体に馴染ませる

 

抑えるべきところはこんだけ。初めて自転車に乗ったときを思い出しながら、体で覚えよう。

おしまい。