ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

漫画「アイアムアヒーロー」の最終回がよく分からない件。

花沢健吾アイアムアヒーロー」が22巻でついに完結したんだけども

 

まぁ酷い。何が酷いかって、伏線が何も回収されていない

いろいろぶん投げすぎだろ花沢先生....どうしたんだ...

 

ZQNとは結局何だったのか?

発症源については、残念ながら何も解明されていない。

えぇ...ってなる。これが解明されるのを楽しみにしてたのに。

 

そしてZQNの目的。目的は、「落ちこぼれの歪んだ逆転劇」みたい。

クルス本体は、寝たきりのまま独りで生きてきたおじいちゃん。

話し方がたどたどしかったのも、長年コミュニケーションをしてこなかったせい。

f:id:pump9015:20170611134006j:plainf:id:pump9015:20170611133950j:plain

絶望状態の人間に都合のいいウイルスで、新しい世界を創る。それがクルスの目的のように感じる。

ネクタイ太っちょの「裸の王様だ」という自虐に対し、コロリ隊の人は「見られたいなら、生かそう」。

コロリたちは、このコロリ隊の人によって助けられることになる。

 

コロリたちはヘリに乘って脱出

巨大ZQNに一度飲み込まれ、助け出されたとき何故か若返っていたおばちゃん。子作りに勤しんでいるご様子。

ZQNに襲われる心配もなく、幸せそうに暮らしているっぽい。

f:id:pump9015:20170611140801j:plain

 

中田コロリはまだ漫画描いてる。数人の読者のために、いつか英雄に会ったときのために、日々研究を重ねているようで。

これぞ魂の漫画家。

f:id:pump9015:20170611140807j:plain

 

巨大ZQNは行動を停止

ZQNが合体し、集積脳となった巨大ZQNは行動停止

ZQN自体はそれぞれの意志を持たず、ひとつの集合体として行動するアリのようなもの...ということになってたはずなのに

特に何かの目的を達成することもないまま、そのまま沈黙してしまった。

f:id:pump9015:20170611135632j:plainf:id:pump9015:20170611135616j:plain

 

比呂美は結局帰らず、英雄は独りで生きる。

比呂美の意識は「この男は生きている方が勝手に苦しむから生かしておいて」と語り、奇跡的に生還する英雄。

看板の男の子に話しかけながら、独りで自給自足の生活を送る

妄想の中で会話をしているのが英雄らしい。

f:id:pump9015:20170611141941j:plain

結局英雄はヒーローになれず、最後まで独りぼっちだった。

比呂美のこの男は生きている方が...」というセリフにも、かなりの恨みが込められているように感じる。

そこまで恨まれるほど悪いことしてないような気もするけど...

 

まとめ

なんとも疑問点の多いラストだった。せめてZQNの発症源くらい知りたかったな。

英雄は何も救われていないような、立派になって大きく前進したような...

でもまぁ、戦闘シーンなんかは本当に面白かったです。もうちょっと激しい総力戦みたいなの見たかったな。

f:id:pump9015:20170611141828j:plainf:id:pump9015:20170611141841j:plain

おしまい。

[rakuten:book:18372886:detail]

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:16298182:detail]