ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

松岡修造がYouTubeチャンネル開設!YouTuberと芸能人の境目が無くなる時代

f:id:pump9015:20171001113612j:plain

 

芸能人のYouTube参入が止まらない

2017年8月1日、YouTube界に日本一熱い男が参入してきました。

みんな大好き松岡修造。地球温暖化を進めているとして国際問題にもなった男である

2017年9月25日にはなんと一日で201本もの動画をUPしています。松岡修造公式HPのリニューアルにともなって、それまでHPで公開していた動画を移行させたんだとかなんとか。

 

最近になってYouTubeを利用し始めた芸人は松岡修造だけではありません。ひと昔前に自虐ネタで大ブレイクしたヒロシや、お笑い芸人のロバート秋山も、YouTubeでの活動を広げています。

ヒロシちゃんねる - YouTube

ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」 - YouTube

ヒロシはなぜかキャンプ動画を挙げているし、ロバート秋山に至ってはもう何をしているのかすらよく分からない。

 

極め付けはこの人。

・・・誰だよ!

驚くなかれ。世田谷一郎の正体は、所ジョージです。本名で始めちゃったらしい。知名度とか気にしてないんだなぁこの人。

どういう動画を出しているのか気になるところですが、中身はなんてことのない弾き語りとプラモ動画。

完全に趣味の域。

 

YouTuberもテレビに登場するように

逆もまた然り。YouTuberがテレビ出演するパターン

朝のニュースでもたびたびYouTuber特集が組まれるようになりました。めざましテレビではめざましジャンケンにYouTuberを起用するというアイデアも。

 

僕の知っている比較的最近の話題だと、人気YouTuberはなおがabemaTVでこんな企画に出演していましたね。

(タウンワーク動画バトルってなんだかなぁ...)

 

他にもいろいろな朝番組やバラエティで、ちょくちょく「あの人気YouTuberが登場!」といううたい文句を耳にします。

すごいなYouTuber。YouTuberから芸能人への転職も夢じゃない。

 

YouTubeと芸能人が混ざり合う

芸能人に限らず、多くの大企業はとっくの昔にYouTubeに参入しています。

SNSが流行し始めた頃も多くの企業や芸能人がアカウントを開設し、今ではそれが当たり前になりました。

 もう言いたいことはわかるでしょう。

 

今後、芸能人はYouTubeチャンネルを持つのが基本、という時代が来るのではないかと思う。

 

若者は圧倒的にテレビよりYouTubeに流れていっています。情報を発信する側も、それに対応しなければならない。

YouTubeばかり見る若者の人気を確保したいなら、YouTube動画でアプローチをすればいいのです。

YouTubeに流れていけば自然とテレビの出る幕はなくなる。このままだとテレビ自体が時代から消えていきます。

 

それではテレビ側の人間はどう考えるか。

YouTubeで人気を博した人たちを、テレビの方に引っ張ってこればいい。

普段テレビを見ない人も、自分の好きなYouTuberが出演するのならば興味がわくだろう、という考えですね。

 

こんなふうにして、芸能人はYouTuberに、YouTuberは芸能人として、活躍の場は次々と広がっていく。

YouTuberと芸能人の差はどんどん縮まります。お互いに混ざり合って境目が無くなっているのです。

 

今後ありそうなこと

近い将来、YouTube界と芸能界でありそうで無さそうなことを雑に考えてみた。

  • 「アイデアがあっても資金が足りない」YouTuberに、テレビ側が莫大なお金を与えて企画をつくる
  • YouTubeからきた新世代漫才」というキャッチフレーズが頻繁に使われる
  • 芸人になるなら吉本興業YouTubeかのどちらか
  • 芸能人が事務所やめてYouTubeで独立する

 

とは言いいますけど、YouTubeの収益激減してますからね。

そのうちYouTubeもオワコン扱いされるようになると思いますよ。

 

おしまい。雑記事でしたー。