ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

日野皓正が中学生を往復ビンタした件について、やっぱ陰キャネト充ってクソだわ。



f:id:pump9015:20170831182645j:plain

テレビから「ドラムを叩く中学生~~~」と聞こえてきた。僕は「また天才中学生ドラマーの登場か!?才能よこせぇ!!」と思いながらテレビの方へ目を向けた。

ドラムを叩く中学生がビンタされる映像が流れてた。

 

時事ネタは基本的に書かないんだけど、今回はなんとなく気が向いたので便乗させてもらう。

 

事件の概要

8月20日、世田谷区教委の主催で「日野皓正 presents "Jazz for Kids"」が開かれた。

世田谷区内の中学生による「ドリームジャズバンド」が、ドランペット奏者でもある日野皓正氏の指導を受け、その成果を発表する舞台だった。

 

その舞台の演奏中に事件は起こる。

ドラムソロを叩き続ける男子中学生に対して日野さんがスティックを奪い取った。

それでも素手で叩き続ける少年に対し、髪を引っ張りながら往復ビンタ。

600人の観客を困惑させた、という一件。

 

ネットの意見

ネットはテレビとは違い、日野皓正よりもドラムを叩く少年の方が叩かれていた。

ドラムを叩く少年を叩く...ちょっとおもしろいですね

 

曰く、「空気を読まずに叩いてるクソガキが悪い」のだそう。

日野皓正がスティックを取り上げたのは「ソロパートが長すぎたので、中断させる」ため。スティックを取り上げられてもなお少年はドラムを叩こうとする。

こういうところで、「セッションというものをガン無視してやがる!」とボロクソ言われているらしい。

 

ちなみに僕がざっと見た中では、日野皓正がビンタしたことに怒る人はいなかった。

 

なんとなくだけど、ネット民はいつもマスコミに対抗しているイメージがある。

マスコミが「体罰反対!」と叫べばネットでは「体罰に過敏になりすぎやっぱマスコミくそだわ」という風潮ができる。

僕もどちらかと言えばネット民側になるだろうし、マスコミを信用してない節もあるけど、ちょっと対抗意識持ちすぎだよなぁ。

 

どちらが悪いかと聞かれれば、やっぱり少年になる

音楽を演奏する側、提供する側にも関わらず、進行や周りの人との協調を無視したことは見逃せない。

音楽、とくにジャズはチームプレイだ。ワンマンライブではない。それを忘れて演奏してしまったのだから、叩かれて当然である。

 

日野皓正ももっと気遣いのあるドラム演奏をしたらビンタもしなかっただろう。

最初はスティック取り上げて終わるはずだったのだ。それでも演奏を無理に通そうとした。こりゃ怒るのもしょうがないことだ。

そりゃ成人もしていない人間に暴力をふるったのだから100%悪くないなんてこはないが、まぁボロクソ言われるほどのことではないだろう。

 

どちらか一方が悪いのだと言うならば、少年の方が悪い。

しかも少年の方も「しかられて当然」と語っているらしいからね。

 

ただ、ネットを見ると「頭おかしいクソガキ楽器やめろ」の声が多すぎる。

いやいや、キーボード叩いてる人ガチギレしすぎでしょ。

 

ネットのクソみたいな風潮

ネットあるある。女子供への当たりが強い。

 

なんの恨みがあるのか知らないが、子供というだけでやたらと叩かれやすくなるのがネットだ。

当然っちゃ当然だが、ネットでくだらない批判書き込みしてる人はたいてい陰キャだ。僕も含めて。

 

女嫌い、子供嫌いの人、つまり

何かとこじらせてる人が多いのである。

 

モテないから女嫌いなのか、女嫌いだからモテないのか、とにかくそんな奴等が大勢いる。

そんでモテない男は器が狭い。子供のわがままさを忌み嫌う人も多い。

こういう風潮があるから、今回のように子供が必要以上に叩かれることになるんだろうなと思う。

 

もちろんいい人もいっぱいいる。どっちかと言えばいい人の方が多いだろう。

こじらせてる人が多い、というのは「普段ネットを利用しない人に比べて」という意味だ。

今はネット社会だからネットをしない人なんて滅多にいないけどね。

 

僕は擁護します

同じドラマーとして同情したってわけじゃない。

 

たぶんこの中学生は、演奏で興奮しちゃったんじゃないかなぁと。

興奮で手が止まらなくなっちゃって、こんな滅茶苦茶なことしちゃったんじゃないかと。

いろんなところでちらほらと言われてるけど、映画「session」の影響を受けてたりするのかもしれないし。

 

それで、もし少年が悪ふざけのつもりでやったわけでないのなら、これはネットしてるだけの奴等が叩くようなことではないと思うのだ。

たがを外した演奏で日野皓正氏を怒らせてしまった。観客を困惑させてしまった。その罪悪感だけで十分でしょう。

 

というわけで、僕個人の意見としては「ほっといてあげろよ...」って感じです。

なんて寛大で事の本質を見抜いた意見なのだろうか。自分に酔ってしまいそうだ。というかもう酔ってる。ベロンベロンである。

 

結局のところ

本人の考えていることは本人にしかわからないんだから。

ネットでしか本人を知らない人が「こういう影響があったのでは!?」「こんなこんな気持ちがあったはずだ!」とか言うのはおかしいを通り越して滑稽。

一般人がなに専門家ぶってんだ、お前に何が分かるんだ、という話だ。

 

と毒づく僕も、結局のところネト充なんだろうなぁ。

おわり。

 

 ▽ブログランキング参加中!▽
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
 クリックしてくださると励みになります...