ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

【今週の一曲】ASIAN KUNG-FU GENERATION 『All right part2』



PVはYouTubeに無かったので、LIVE動画で。

 

遊び心の詰まった歌詞


居間のソファーの肘掛け
うずくまる猫と
エディと言う名の犬の模型
起き抜けに濃い珈琲を注いで 

加糖を
嫌うビターな言葉
苦し紛れの嘘
気怠い午後に別れを告げ
心を解き放て

 お気付きいただけただろうか...

この歌詞、頭にくる文字が全部五十音順になっている。

 

朝、居間、うずくまる、エディ、起き抜けで「あいうえお」。加糖、嫌う、苦し紛れ、気怠い、心で「かきくけこ」....

こんな調子で、さ行、た行、ら行まで出てくる。ゴッチ凝ってる。

言葉遊びの好きなゴッチらしい歌詞だ。サプライズ的な感じがして、個人的には楽しい。

 

女性コーラスは誰?

誰?というか、ライブで名前出ちゃっているが。

女性コーラスの正体は、チャットモンチーのボーカル、えっちゃんこと橋本絵莉子である。

幼さの残る透き通った歌声が魅力。

 

ちなみにチャットモンチーには、アジカンのゴッチをプロデューサーとして招き、曲を制作した、という過去がある。

お互いに刺激を受けているようだ。

 

歌詞のゆるさがいい

All right! オーライ! それでいいよ!

歌詞の自由な雰囲気を推していきたい。一番の見どころ。

 

左脳
死んだように生きるより
少しはマシだろ
精子のように樹海を抜け
そういうときは右脳に聞け 

人間の脳は、左脳が論理、右脳が直感を主に司っている。そう考えると

ごちゃごちゃと考えてつまらない人生を送るより、直感でやりたいことを好きなだけする人生を送れ、迷ったら直感で決めろ、という風に解釈できる。

サラリーマンを辞めてミュージシャンの道を選んだアジカンならではの言葉。

 

ララ
理解した素振りの
ルールは蹴散らせ
レールを進むつもりならない
ロープにすがる時代でもないだろ 

 理不尽で理解できないルールなんか蹴散らしてしまえ!

決まり決まった生き方などするつもりはねぇ!

会社につかまっていかないとやっていけない時代ではない、もう個人でも十分生きていける時代になっている!

 

もうその通りですよ、はい。

情報も簡単に手に入る、仲間も顧客も簡単に見つかる、そんな時代が来ているのだ。もはやわざわざ会社に所属する意味はない。と社会経験のない学生の僕は勝手に思う。

現に、たった一人で始めたネットビジネスで大儲けしてる人は、実はけっこうたくさんいる。大切なのは先入観を無くすこと。

 

ありきたりなステップでも
オールライト
猿みたいなステップでも
オールライト 

個性が出せない?オリジナリティが無い?いいよいいよ!

慣れてない?稚拙で恥ずかしい?いいよいいよ!

もう何でもアリだ。All rightだから。アジカンだから。

 

まとめ

All right! オーライ! それでいいよ! っていう自由を感じる曲。コーラスも最高。

 

All right part2は、アルバム「ランドマーク」に収録されています。

 

>>人気音楽ブログランキングはこちら<<