ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

宗教は教養である

f:id:pump9015:20170727202641j:plain

某カルト漫画にハマったので、僕の宗教観について話します。

 

宗教にハマる人は間違った人なのか?

日本では、「宗教 = 間違った教え、洗脳」という考えを持っている人が多い。

必死で神に祈りを捧げるクリスチャンを見ては、心の中で「神なんているわけないのになぁ...」と思い、修行に身を投じる僧侶を見ては「なんでこんな辛い思いしてまで...」と疑問を浮かべる人はたくさんいるだろう。

 

僕はこれらの「宗教」と呼ばれるものの教えと、それを信仰する人々を、間違っているとは言うべきでないと思う。

当然のことながら、正しい、間違っているの基準は、人によって違うからである。

 

宗教を間違いだと言う人が、それらを間違いだと言えるのは「自分の信じているものと違う」からである。

多くの日本人は、日本の教育を真実だと信じているだろう。意識していなくても、体の中でそれが常識になっているのが、信じている証拠だ。

そして、日本の教育や文化とは違うキリスト教などを見ては、「そんなの妄想だ」と叫ぶ。

 

ところがだ。果たして日本の教育が真実だと言えるのだろうか?

クリスチャンはキリスト教を、僧侶は仏教を、多くの日本人は日本の教育を、そのままに信じているだけだろう。

キリスト教では聖書が絶対のように、日本では法が絶対。それだけだ。

言ってしまえば、日本教育も総理大臣を教祖とする宗教である。それに従っている人々はみんな信者だ。

 

僕の宗教の捉え方

宗教は教養の型だ。

 

例えば、神道の「八百万の神」という考え方。

ざっくり言うと、全ての物に神様は宿っているから、全ての物を大切にしましょう。という教えだ。

これは日本文化にも強く根付いている。「そんな乱暴に扱うとランドセルが泣いてるよ!」なんて、小学生の頃よく言われただろう。

 

これは、なかなかいい考え方ではないだろうか。

重要なのは「全ての物に神様がいる?絶対嘘だろー!」なんていう、神様がいるいないの話じゃない。全ての物は大事にするべき、というところである。

物を大事にする、という教養のために、神様が宿っているというエピソードを後付けする。それでいいのだ。

 

大切なのはそういうところだ。

それぞれの宗教の考え方の中で、自分が気に入ったものを自分の中で取り込んでいく、それが正しい宗教の扱い方だと思っている。

 

宗教で幸せになれる?

僕はこの「好きな教えだけ信じたらいいや~」というスタンスで、それなりに楽しい生活を送れているが

やはり、宗教にハマって大変になることが多いのも事実だ。

 

その代表が新興宗教だろう。

数十年生きたおっさんが唱えたトンチンカンな話を信じ、金を納めて、頭の片隅にある多少の疑問を無視して、気付いたときには手元に何も残っていなかったりする。

信仰は自己責任なのだ。極端な思想や非現実的な思想に向かってもロクなことがない。

 

宗教は、心のよりどころになる。

神を信じ、「これをすれば神様に喜ばれる!」という絶対的な安心感を求める。

ところが。当然と言っちゃ当然かもしれないが、これらは保障できないのである。

神にどれだけ尽くしても見返りが無いように感じる、するとそこからだんだん気持ちが消沈してしまう。

 

そして、これが一番よく起こるのも新興宗教だ。

そりゃそうだ。なんだかんだ言っても、やっぱり教祖はただの人間だ。そんな人間のおっさんが、全ての信者を幸せにできるだろうか?できるわけがない。

つまり、新興宗教にハマったおばさんがどれだけ酔狂しても、おっさんはおっさんだし、神を装ったのおっさんはおばさんを幸せにできないのだ。

幸せに感じているのは、自分が勝手に信じているほんの少しの間だけだ。それでいいなら結構だが。

 

結論から言ってしまえば、胡散臭い宗教にどっぷりハマる人はロクなことにならない。

宗教を心のよりどころにしたければ、新興宗教でなく、もっと歴史の長い、多くの人に指示される宗教を選ぶのが安全だろう。

というか、心のよりどころにするのは恋人や家族にしてみてはどうだろうか。

 

おまけ - もしも宗教に興味があるなら

僕は特定の宗教に属するなんて考えたこともないが、個人的に気に入っていて、周りにも勧められる宗教が、仏教神道だ。

 

仏教神道、特に神道は、日本人の生活に深く根付く、日本人の気質に合った宗教なのだ。

そして何よりも違うのが、特定の神を信じさせないこと。仏教では神なんて話は一切出てこないし、神道では逆にみんなが神様でみんなを敬う。

たくさんの宗教が神様は誰だと争っている間に、仏教「神とか知らんしみんなで悟ろうぜ」と、神道「みんな神様やで~お前も神様やで~」と、全く次元の違う話をしていたのだ。他の宗教と明らかに一線を画している。

 

更に褒めちぎってあげよう。仏教は非常に論理的で理にかなった、数ある宗教の中でも「超」現実的な宗教だ。

現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれるものが
あるとすれば、それは仏教です

(アインシュタイン)

仏教キリスト教に比べれば、100倍くらい現実的です。
仏教は、歴史的に見て、ただ一つのきちんと論理的にものを考える宗教と言っていいでしょう。

(ニーチェ)

いかがだろうか。仏教がどれだけ多くの天才たちに称賛される宗教かわかっただろうか。

これだけの天才にも否定できない、そんな理屈で積み上げられた宗教が仏教なのだ。

 

思わず熱く語ってしまった。仏教神道は、僕が興味を持つ数少ない宗教である。