ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

オープンリムショットは使わない?オープンリムを修得する5つのメリット

f:id:pump9015:20170423105819j:plain

まえおき

この話の前に、「オープンリムショットとは?」という話をしよう。言葉の意味がわからないと話にならない。

オープンリムショットとは、スネアの打面とリムを同時に叩く打法のことである。

同じリムショットと付くものとして、クローズドリムショットというものがあるが、これとは全く別物だ。そこは区別しておいてほしい。

 

やり方はここでは詳しく説明しない。動画参照。

www.youtube.com

断っておくが、この動画の人は僕ではない。

 

オープンリムショット修得のメリット

①簡単なビートもかっこよく聞こえる

リムをかけないでビートを刻もうとすると、オープンにしたハイハットやシンバルでビートを刻んだとき、スネアが埋もれてしまうことがある。

かといってスネアを思い切り叩こうとすると疲れるし、音量だけ上げて無理に目立たせようとしてもただの「うるさいドラム」になりかねない。

 

そこでオープンリムショットである。

オープンリムショットで叩くスネアは、普通のスネアよりも音が高くなり、音のキレも増す。

そうすると、スネアの音がよく伸びて、バランスのいい、聞き取りやすいビートを刻むことができるのだ。

ただのエイトビートも、これだけで聞こえ方が全然違ってくる。音楽仲間たちと合わせたときも、オープンリムショットを使った方が周りは合わせやすいだろう。

 

②アクセントのキレが増す

アクセントのついたスネア連打フィルインなんかを叩くとき、音量を上げるのに必死になりすぎて、どこにアクセントがついているのか、よく分からないようになったことは無いだろうか。

かといってアクセントを目立たせると全体的な音量が足りない...という、ずいぶんと厄介な問題だ。

 

そういうときに役立つのもオープンリムショットだ。

一度オープンリムを修得してみて、アクセントのところだけを、オープンリムショットで叩いて見てほしい。

アクセントとそうじゃないところの音がはっきりと分かれて、メリハリのついたフィルインになるはずだ。

多少難易度は上がるが、音量を出しつつその上でアクセントを目立たせることが簡単にできる、便利なテクニックである。

 

③単純に音色を増やせる

次は、単純に出せる音の数がひとつ増えるということ。

曲によって、または曲のそのときどきの雰囲気によって使い分けることで、雰囲気をがらっと変えられ、雰囲気づくりに役立てることができる。

ドラムソロなんかのときも、たくさんの音色を使いこなせる方が格段に上手く聞こえる。上手く聞こえるというか、上手いのだ。

 

それと、「出せる音の数がひとつ増える」とは言ったが、厳密には違う。

スネアに使うことが多いが、オープンリムはタムでも使えるのだ。オープンリムが使えるだけで増える音色はひとつどころではない。

リムのかけ具合にも幅があること考えると、増える音色は無限大である。

 

スティックコントロールの上達

オープンリムショットは、ちょっとしたリムのかけ具合で、音色がころころと変わってしまう。曲の中で常に一定のサウンドに保つには、それなりのスティックコントロールスキルが必要になるのだ。

逆に言えば、一定のサウンドに保てるようになればそれはコントロールスキルを持っている証拠であり、オープンリムを練習するだけでもスティックコントロールは磨くことができるのだ。

 

リムのかけ具合のコントロール、更にはタムなどに大量移動するフィルインの中でオープンリムを自由自在に操れるようになることで、指先や腕の扱い方まで上手くなる。

オープンリム修得のおまけのようなものだが、これはドラム全体の上達にも繋がることだ。

 

⑤脱力の練習になる

練習でできたとしても、本番になって緊張してしまうと出来なくなるのも、またオープンリムショットだ。

緊張すると、筋肉に力が入ってしまう。安定してオープンリムが叩ける = 常に余計な力を抜くことができる、ということである。

スティックコントロールの話と同じだ。オープンリムを練習すること、特に本番でもオープンリムを叩けるようになることは、脱力の練習にもなるのだ。

 

また、オープンリムを使えば、音量を簡単に稼ぐことができる。

そのおかげで、思い切り力を入れて叩く必要がなくなる。これも脱力を意識するきっかかけになるだろう。

 

あとがき

オープンリムショット修得のための練習法

①軽いタッチで叩く

力いっぱい叩くオープンリムは、スティックがしなるので、成功しやすい。軽いタッチでも叩けてこそ、本当に修得できたということだ。

軽いタッチで叩ければ思い切り叩くことも、すぐに出来るようになる。できるだけ音量を出さないオープンリムを先に練習する方が、効率がいい。

 

②曲のスネアを全てオープンリムで叩くようにしてみる

楽譜に「オープンリムで」と指定されることは少ない。というか多分そんなこと無い。オープンリムを使うかどうかは、実は個人の勝手なのである。

(プロドラマーはほとんど全員が使っている)

そこで、オープンリム縛りで一曲叩ききってみてはどうか、ということだ。

基礎練習よりも飽きにくいし、モチベーションも上がるだろう。

 

Q.吹奏楽、ジャズ奏者も練習した方がいい?

A.練習、したほうがいい。

 

吹奏楽部のドラマーは、あくまで管楽器がメインのアンサンブル重視の演奏だ。僕がドラムを始めたのも吹奏楽だった。

だからこそ分かるが、ふだん音量小さめで練習することが多いおかげで、他校との合同演奏のときにやたらと音量を指摘されるのだ。(他校と合同演奏、というのを経験していないところもあるだろうが)

そんなふうに、今使わなくてもいつか使うときが来るかもしれないし、使わなかったとしても修得したテクニックは自分の大切な財産になる。

もちろん、曲練がある程度完成していて時間に余裕があれば、の話だが。

 

ジャズは、感情をダイレクトに表現することの多いジャンルだ。従って、ジャズドラマーは音色を増やすことが重要になってくる。

言いたいことはわかるだろう。そういうことだ。

確かに他のジャンルに比べて、静かな雰囲気の曲も多いジャズは、使用する頻度は少ないだろう。しかし中には激しいジャズだってあるのだ。

そういうときにもオープンリムは大いに活躍するはずだ。

 

オープンリムショットの重要性がわかっただろうか。僕としてはぜひ練習してほしいテクニックだ。

今日はこのへんでおしまい。