ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

愛とは、人生とは、大人になるとは?西加奈子『こうふくあかの / みどりの』

恋愛の幸せと苦しみを描く天才、西加奈子

西加奈子は、自称読書家である僕の中でも、トップレベルに好きな作家だ。

西加奈子の描く物語には、いつも愛がある。というと、陳腐で軽くて気色の悪い言い回しになってしまうが、そんな巷に溢れている携帯小説のような愛ではない。

 

西加奈子の作品に現れる愛は、まさに山よりも高く、海よりも深いものである。

苦しみや悲しみ、息苦しさを表す意味での愛も、幸福感に満たされた愛も、すべて詰まった愛だ。

恋すること、愛することの素晴らしさと危うさ、そんな表裏一体の存在を見事に描き上げれるのが西加奈子なのだ。

 

...とは言ってみたものの、やはり携帯恋愛小説的な陳腐さを感じる文章になってしまった。

そもそも恋愛というものに、恋の幸せと苦しみはつきものである。別に西加奈子だけがやっていることではない。というか、恋の二面性を描かない恋愛作家の方が少ない。

 

だとすれば西加奈子の文章から感じる独特の愛おしさは、一体どこからくるものなのだろうか。僕はそれがいまだに分からずにいる。

そして感じたことをぴたりと言葉で表現できないもどかしさと同時に、文章を仕事にする人の凄さを感じるのだった。

 

「こうふくあかの」と「こうふくみどりの」

さて、本題に入ろう。今回紹介する本は2冊ある。

「こうふくあかの」「こうふくみどりの」だ。

これらは上下巻というわけではないし、どちらかが続編というわけでもないし、シリーズものとも言い難い。

 

上下巻のようで、実は内容は違っていて、でもどこかで繋がっている。

作者である西加奈子自身が、この2つの作品をこのように言及したが、まさにこの通りである。

 本当に、それぞれの物語には何の接点もないのだ。いや、ほんと。タイトルは似せてるけどね。

主人公の性別、年齢、キャラクター、境遇....何もかもバラバラ。作中にもう一方の本のキャラクターがちらっと出てくる、なんてことすらない。 

つまり、どちらか片方読むだけでもいいのだ。片方だけでちゃんと完結するから、安心してほしい。

 

『こうふくあかの』

お前は誰だ。

俺の子ではない、

お前は誰だ。

39歳。男は、妻から妊娠を告げられた。

それが、すべての始まりだった。

30年の時間が流れた。

 

 計算高く、いつも人を見下している、いわゆる「いやな奴」が主人公の本である。

もうちょっと詳しいあらすじがあってもいい気がしないでもないが、ネタバレがいやな人もいるだろう。僕もその一人だ。

ストーリーを知りすぎると、展開が予想できてしまって、新鮮味が無くなるのだ。ということでネタバレが欲しい人は、各自でネット検索してほしい。

 

「人生は思い通りにならない」ということが分かる物語だった。

妻の妊娠をはじめ、順調な人生を歩んできたはずの男に訪れる「計算外」の事々。それらにぶち当たったとき、男の人生はどう転がっていくのか。

事実は変わらないが、それを受け取る側の見方によって、現実は変えることができる。事実と現実は違う。現実とは、主観の産物なのだ。そんなことを考えながら読んだ。

 

この男の人生の転がり具合もなかなか見物だが、何よりも素晴らしいのが、ストーリーが一点に集まってくる構成である。

読めばわかるが、物語の合間合間に、物語とは関係の無いプロレスの描画がある。

そのふたつに分けられたストーリーが、徐々に近付いてきて、最後にある一点で繋がってしまうのだ。

これは見事としか言いようがない、ハッとさせられることうけあいである。

 

『こうふくみどりの』

お前んち、いっつもええ匂いするのう。

おばあちゃん、夫(おじいちゃん)失踪中。

お母さん、妻子ある男性を愛し、緑を出産。

藍ちゃん、バツイチ(予定)、子持ち。好きになったら年齢問わず。

桃ちゃん、4歳なのに、まだおっぱい吸いに来る。

辰巳緑、14歳、女未満。初恋まであともう少し。

 

複雑な家族を持つ、思春期を迎える少女が主人公だ。

「少女」から「女」になる、一歩大人に近付く、その小さいけれど大きな変化を描いた物語である。

「小さいけれど大きな変化」というのは、99から100への変化というよりは、0から1への変化の方が近い。女になったところが新たなスタートだと考えると、「-1から0の変化」が一番近いかもしれない。

 

主人公が中学生でも容赦ない、ストーリーの重さ。それも世界滅亡なんていう極端な重さじゃなくて、もっとじめじめと、じわじわと胸を締め付けるような重さだ。

そして魅力溢れる人間臭いキャラクターもよかった。そのキャラクター達には、重さに負けないくらいの強さがある。主人公が少女(女ではない)ということもあって、女の強さがよく表れていたと思う。

そう、女は強いのだ。世の中の男どもよ、女をなめてはいけない。

決して悲劇にはさせない。そんなガッツの含まれた物語だ。

 

「こうふくあかの」は、男の人生と、愛することの本当の意味を問いかけるような作品であったと感じるが、この本は、「愛情の形」を問いかけるような作品だと感じた。

さきほどから言っているストーリーの重さも、原因はやっぱり愛である。愛は一歩間違えれば悲しみを産む。それを実感させられるストーリーになっている。

物語の中では、主人公緑の初恋をはじめ、同級生からお婆ちゃんに至るまで、さまざまな愛情の形が現れる。それぞれがそれぞれの幸福、不幸に繋がっていることを感じてほしい。

 

どちらか一方だけ買うとしたら「こうふくあかの」

お金の都合で、時間の都合で、いっきに買うと読む気失せるから...

いろんな理由があると思うが、「とりあえずどっちか一方だけ読んでみよう」って人はけっこういるだろうと思う。

僕がおすすめするのは「こうふくあかの」である。

 

確かにどっちもおもしろいので、これは好みの問題も大きいと思う。

ただ、「こうふくみどりの」はオチがふわっとしているというか、オチらしいオチがないのだ。読み終わっても「なんとなくいい気分」という感じである。

それに比べると「こうふくあかの」は、オチがすっきりとしている。読み終わったあと「あぁーよかった」とはっきり思えるのだ。

 

「こうふくあかの」のほうがおもしろい、と一概には言えないが、とにかく僕はこっちが気に入った。

できればみんなの意見も聞いてみたい。

 

おわり。

>>人気本ブログランキングはこちら<<