ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

『ドラム練習に筋トレは必要』はウソである2つの理由

f:id:pump9015:20170627190912j:plain

「筋トレでドラム上達する」論の主張

 

まず、「お前もドラマーなら筋トレしようぜぇ~、見ろよこの上腕二頭筋!」という輩の言う『筋トレが大切な理由』。

大きく言うと2つある。

 

①体力がつくから

②大きな音量を出せるから

 

結論から言うと、あんまり意味ない。というか全然無い。

 

①ドラマーに体力はいらない

いらない、というと極端な話になるかもしれないけれど。

 

ドラマー = YOSHIKIというイメージの人にとっては、「ドラマーって体力必要なんだなぁ~」なんて思うかもしれない。

確かにYOSHIKI、いつも疲れてるし辛そうに見える。けれども。

 

YOSHIKIのドラム、普通に叩けばそんなに疲れない。

 

YOSHIKIは疲れるフレーズを叩いてるんじゃなくて、疲れる叩き方をしているだけなのだ。

楽器でもスポーツでもなんでも、「疲れない最適な身体の動かし方」というのが存在していて

YOSHIKIはそれを完全に無視して、がむしゃらに叩いている。だからしんどいだけなのである。

ちなみに初心者が疲れやすいのも、ドラムを叩く動きに慣れていないからだ。

 

勘違いしてほしくないのは、YOSHIKIが下手と言っているわけじゃないということ。

YOSHIKIはあの必死な叩き方がファンの人気を集めているし、あれはパフォーマンスである。

YOSHIKIもその気になれば体力使わずに叩ける。ファンの方には申し訳ない。

 

②筋肉がなくても音量は出せる

音量を出すのに必要なのは「力を抜く」ということ。

脱力して叩くのと力を入れて筋肉で叩くのじゃぁ、スピードやスムーズさを考えても脱力した方が圧倒的にいい

かの有名なデイヴ・ウェックルも「調子がいいときほどスティックが飛んでいく」と言ってたそう。

 

とか言ってるが、厳密に言うと筋トレで音量アップはする

これは「腕の重さ」が重いほど音量が大きいということ。要するに筋肉じゃなくて脂肪でもいい。

 

ただ、筋トレでドラムの音量を上げるというのは、効率が悪い。

 

筋トレの効果は出にくい。効果が出るのに半年はかかる。

腕を重くするなら筋トレより太った方が早いし、もっと言うと前述した「最適な身体の動かし方(モーラーとか)」を勉強した方が更に早いし、音量もスピードも疲れにくさも変わってくる。

 

つまり筋トレよりもドラムの練習した方が上達する。

 

細くても活躍しているドラマー...

そもそも筋トレで上手くなるんら、プロドラマーはみんな筋トレしてる。

マッチョじゃないドラマーがいることが、「筋トレは必須でない」ことの証明になるはずだ。

 

Jojo Mayer

まずは言わずと知れた超人ドラマー、ジョジョ・メイヤー。モーラー奏法の使い手。

身体の使い方がめちゃめちゃ上手い(個人的に世界一)。痩せているが、生で聞くとその音量の大きさに驚くだろう。それとスピードも世界トップレベルだ。

 

Jeff Porcaro

TOTOで活躍したジェフ・ポーカロの教則動画。

まずそのグルーヴがもう凄すぎる。全てのドラマーのお手本にしたい、素晴らしいグルーヴ感の持ち主だ。

38歳という若さで亡くなってしまったのが惜しい。

 

刄田綴色

最後は日本人、東京事変刄田綴色

左利きのドラマーであり、オープンハンドという特殊な奏法を使って叩く。

天才が集まったとも言われる東京事変のメンバーの中でも、高い人気を誇っていたと思う。もちろん椎名林檎にはかなわないが。

そのフレージングもシンプルながら、的確なところに変則フレーズを取り入れたり、さらっと凄いことしてたりして、とにかく聞いていて飽きないドラマー。

 

ドラマーが筋トレをする唯一メリット

ところが筋トレは完全にメリット無しかというと、そうでもない。

僕の思いつくメリットといえば

 

見栄えがよくなる

 

これ。ドラマーの体が大きいと、それだけでなんとなく画になる

もちろんドラマーとしての腕が上がるわけじゃない。ただ見た目はぐっとよくなると思う。

 

チャド・スミスがかっこいいのは上手いからだ!

下手なやつは筋トレより練習しろよ!