ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

左利き・オープンハンドのドラマーまとめ

Ian Paice (イアン・ペイス)

左利き、左用セット

ディープ・パープルのドラマー。普通のセットではなく左右を逆にセッティングしてある左用セットで叩いているのがわかる。

イアン・ペイスの得意技がこの高速シングルストローク。粒のきめ細かさは天下一品だ。

ディープ・パープルの代表曲『BURN』でも、曲の合間合間に高速シングルストロークが炸裂。これぞイアン・ペイスだ。

 

Ringo Starr (リンゴ・スター)

左利き、右用セット、クロスハンド

もう言うまでもない。言わずと知れたビートルズのドラマーだ。

(フロントマンが目立ちすぎてドラムが多く映っている動画が見つからない...)

右利きドラマーと同じ要領で叩いているが、実は左利き。左利きドラマーだからこそ、右利きの人には思いつかないようなビートルズ独特のフレーズが生まれたのだろう。

ちなみにポール・マッカートニーも左利きだ。左利きはミュージシャン向きなのだろうか...

 

Simon Phillips (サイモン・フィリップス)

(おそらく)左利き、右用セット、オープンハンド

途中加入したTOTOのドラマーとして一躍有名になったドラマー。日本では上原ひろみとの活動で知られている。

オープンハンドなのは一目瞭然なんだけども...いかんせん利き手がどっちなのか分からない。ネット検索でさんざん調べ尽したのだが、一向に情報が見つからない。

何故だ。みんな興味ないのか。サイモンだぞサイモン。

右利きでオープンハンドを使う人は珍しいし、おそらく左利き...ということにしておく。信じるか信じないかは、あなた次第だ。

高い技術力と独特のドラミングが演奏の特徴。巨大タムが並べられた個性的なセッティングも気になるところだが、こちらも情報が乏しいのが残念。

 

刄田綴色

左利き、右用セット、オープンハンド

(演奏は6:28~)著作権の関係で音源が無く、ドラムパートのみになるが、僕のせいではない。

東京事変のメンバーとして活躍したドラマー。東京事変解散後の現在は地元に帰ってるようだ。

セッティングが左利きドラマーらしいのがおもしろい。オープンハンドなので、ライドシンバルは左手側に置き、更にハイハットの横にフロアタムをもうひとつ。左手側にたくさん置いてるセットです。

ゴーストノートをまんべんなく散りばめた演奏で、ロックバンドとしては比較的手数の多いドラマー。「群青日和」の青年らしく巧みな演奏が一番好きだ。

 

「キラーチューン」も名作だ。

吹奏楽というのが納得のフレーズ。吹奏楽のド定番「シング・シング・シング」に影響を受けたのだろう。

一人だけ3つも動画を貼るのはずるいが、許してほしい。どうしても貼りたかった。

 

そうる透

左利き、右用セット、クロスハンド

大量のタムとシンバル類を使いこなす優しそうなおじさん。

リンゴ・スターと同じく左利きで、セットやフォームはスタンダードな右利き用に合わせている。

一応クロスハンドがメインっぽいですが、場合によってはオープンハンドも使う。オールマイティーなドラマーだ。

音の綺麗さ丁寧さ、音色のバリエーション、手数の多さが超一流。どのジャンルもあっさりと叩きこなし、多数のミュージシャンの収録、サポートに参加してきた。

また、この人は若手ドラマーの育成にも熱心な人だ。クリニックや教則DVDの販売も行っている。LUNA SEAの真矢もその弟子にあたるそう。

 

茂木欣一

右利き、右用セット、オープンハンド

東京スカパラのドラマー、兼ボーカリスト。愛称は「欣ちゃん」。

この人はちょっと変わった人で....なんと右利きなのに、クロスして叩くということを知らずにオープンハンドで練習を続けてきたそう。

筋金入りのマヌケ野郎である僕もビックリだ。

フォームやフレーズも変わってて、スネアとバスドラを一緒に鳴らしてみたり、スティックを押し付けてみたり...

セッティングも刄田綴色と同じく、シンバル類を左手側に多く置いている。

 

まとめ・左利きドラマーはいろいろと大変

セッティングを考え直す必要がある、演奏スタイルを変える必要がある、そして参考になる人が少なすぎる。

いろいろと不便というか、面倒なことが多いのが、左利きドラマーの運命というやつだ。

 

ただ、右利きで凝ったセットが好きな僕にとっては、ちょっと羨ましかったりしる。

セッティングやフレーズを考えるとき、ちょっと変わったことができて楽しそうだからだ。

 

まぁ、どちらが不利だとか有利だとかいう話はない。ない...ないと思う....

(ビートルズに左利きが多いのはきっと気のせい...)

左利きということにコンプレックスがある人も、安心して練習に取り組んでほしい。

 

おしまい。

>>人気音楽ブログランキングはこちら<<