ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

ダブルストローク修得のための練習メニュー5選【ドラム・パーカッション】

「綺麗なダブルストロークを叩いてみたい...!!」

綺麗なダブルストロークとは何か?というと、それはずばり「音の粒が揃ったダブルストロークである。

リバウンドを上手く拾って行うダブルストロークは、とにかく音の粒が揃いにくいもの。綺麗に叩くには、それなりの練習が必要になる。

ダラララララという、マシンガンのようなストロークを目指そう。

 

あなたが綺麗に叩けない理由

①スティックをコントロールできていない

二打目を惰性で叩いている状態だ。バズロールとダブルストロークをごちゃ混ぜにしている人に多い。

この状態だと、リズムはよれよれになり、フレーズへの応用も難しくなる。

自由自在に扱えるようになるには、スティックコントロールの強化は必須である。

 

②音量が一定でない

これが一番ありがち。アマチュアドラマーには、二打目が弱い人が山のようにいる。偉そうなことを言う僕もアマチュアである。

目をつぶって叩いてみてほしい。一回で二打叩いているのが音で分かっちゃう人は、まだ練習が必要だ。

 

スティックコントロールの練習3つ

最初はやっぱり基礎練習!

f:id:pump9015:20170521183742j:plain

以前書いたこの記事でも紹介した練習法。

drum.hatenablog.jp

Rが右手、Lが左手。

16分音符になっても腕の動きは変わらないのがポイント。指だけが一打から二打に変化する。

 

三連符

f:id:pump9015:20170521183840j:plain

「なんとな~く」ではなく、しっかりと音の位置をコントロールする練習。

普通の楽譜は16分音符が多いので、こっちもしっかり押さえておこう。

別の音符になっただけで、全然叩けなくなるはずだ。コントロールが上手に出来ている人なら、ちょっと練習すればすぐに慣れると思う。

 

シングルとダブルの切り替え

f:id:pump9015:20170521183920j:plain

最初にシングルストロークで16分音符、それから素早くダブルストロークに切り替えて16分音符。

これを練習しておくと、ドラムセットのフレーズへの応用が楽になる。僕のイチオシの練習法だ。

ついでに言うと、シングルストロークのスピードも上がる。一石二鳥。

 

二打目を安定させる練習2つ

シンプルなメニュー

f:id:pump9015:20170521184000j:plain

とある自衛隊の音楽隊の方から教わった練習メニュー

これがけっこう難しいのだが、アクセントを外してみたときに、各段に綺麗に聞こえるようになる。

8分音符で慎重にフォームを意識して、16分音符でオラァッ!って叩くイメージ。

 

三連符を使った練習

f:id:pump9015:20170521184049j:plain

「アクセントが裏拍にあってやりにくい...」って人はこっちがいい。比較的拍がとりやすいメニューである。

三連符で、表拍にアクセントをつけるパターン。三連符の3つめと、次の三連符の1つめでダブルになっている。(わかるかな...?)

下の左手スタートのパターンなんか、すっごくやりにくいと思う。その代わりにコントロールもビシバシに鍛えらる

これが出来るようになれば、確実に上達している。

 

まとめ - 上達のコツ

・遅いテンポからじっくりと

最初は本当に遅くていい。どんな阿保でもできるテンポからでいい。

・「もうちょっとで出来そう!」テンポをひたすらやろう

そのうち出来るようになるから。

・練習は毎日

練習パッドがあれば自宅でもできる。時間がない日は一日10分でもいい。

 

根気よくやろう。やればやるだけ、体が勝手に覚えてくれるものだ。