ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

「俺はテクニックじゃねぇ!グルーヴ系ドラマーだから!」はもう卒業しよう

f:id:pump9015:20170504111833j:plain

俺はテクニックで勝負してねぇから!

俺のドラミングはシンプルだけどグルーヴがあるからな~

よく分かんない?それはお前が素人だから...

 

こういうの、そろそろやめてはどうでしょう。

こんな言い訳続けたって、いつまでたっても下手糞は下手糞。

口を動かしても上手くはならない。むしろ下手になっていると言っていいでしょう。

 

テクニック ≒ グルーヴ  である

確かに、テクニック = グルーヴではないです。リズムよれよれ、テンポずれずれでもグルーヴのある人はいます。

ビートルズのドラマー、リンゴ・スターもそれです。彼の腕前は賛否両論ですが、グルーヴの良さはいつまでも評価され続けています。

 

だがしかし。そんなのは一部の人間だけ。

大抵の人は、テクニックが無い人ほどグルーヴも感じられない。リズムよれよれで聞きにくい、テンポずれずれで気持ち悪い、そんな人ばかり。

理由は超シンプル。完全なイコールでなくても、「テクニック ≒ グルーヴ」だからです。

テクニックとグルーヴは、意外と近いところにあるのです。

 

テクニックを磨くのは、グルーヴ力を鍛えることにも繋がります。

その証拠に、テクニックのある人は、たいていグルーヴがある人です。安定したテンポや大量の手数も、いつも聞き手を気持ちよくさせてくれます。

少なくとも、テクニックを磨くことでグルーヴが廃れることは、絶対にない。

 

グルーヴ系ドラマーを豪語してる人、練習しろよ。

 おわり。