ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

RADWIMPSのドラマー「山口 智史」まとめ。モーラー奏法ってホント?病気の内容は?

笑顔が素敵なRADWIMPSのドラマー、山口智史

f:id:pump9015:20170611175434j:plain

基本情報

生年月日は 1985年3月20日(32歳)。ドラムス、コーラスを担当。

身長168cm。血液型はA型。右利き。既婚(2009年 - )。

洗足学園音楽大学ジャズ科を中退。

途中からRADWIMPSに加入。

(Wikipediaより引用)

 

音楽大学のジャズ科で練習を続けながらも、「俺はRADWIMPSで食っていく」と宣言し、大学を中退。

既婚というのはちょっと意外だった。童顔で恋愛に興味が無さそうなイメージがあった。いい人そうだし、奥さん美人なんだろうなぁ...

 

山口智史モーラー奏法!?

たまに聞くのはRADWIMPSのドラマーはモーラー奏法だ」ということ。

これは正直....僕には確認できませんでしたぁ!

ドラムパートだけ映っている動画があれば見やすいのだけれど、そんな都合のいい映像は無いし

必死にネット検索するも山口智史 = モーラー」ということを決定付ける証拠は見つからず...

 

練習を重ねるうちに体が最適化して、自然と動きがモーラーに近くなることはよくあること。

そういう意味では、モーラーの使い手だと言えるかもしれない。

 

それに、山口さんは村上"ポンタ"秀一さんを尊敬しているそうで。

ポンタさんのスティックワークを研究していくうちに、モーラーを修得したということも十分にあり得る。

 

Twitterのツイートじわじわくる

 

ちょっとかわいい。

見たり感じたりしたことを、そのまま素直に言葉にしているところが。

 

病気で休養に...「職業性ジストニア」とは?

2015年9月23日、持病の休養に入ることが公式サイトで発表。

 

「職業性ジストニア」というのは、音楽家に多い病気で

体をうまく動かせなくなる、筋肉が自分の意志とは別の動きをしてしまう病気

極度に集中したトレーニングを長期間続けた結果、楽器を前にすると脳がストレスや緊張で過敏に反応してしまい、エラーを引き起こすのが原因ではないかと考えられています。

(公式サイトから引用)

山口さんは凝り性で、できないフレーズがあるとひたすら練習を繰り返す ということを他のメンバー方がどこかのインタビューで答えていた。

そういう性格も病気の発症に繋がったのだろう。皮肉というか、ちょっと怖い話だ。

 

現在はサポートドラマーを起用して対応している。早く復帰してほしい。

 

動画紹介

タイトなスネアのフレーズが素敵。

 

難易度の高いハネるリズムも使いこなす。

音大卒だけあって、演奏力はかなり高いと見た。

 

おわり。

>>人気音楽ブログランキングはこちら<<