ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

ドラムにおける「ヘタウマ」を考えてみる。

ボーカリストやギタリストは、ある程度の人数「ヘタウマ」と呼ばれる方々がいます。

スタジオミュージシャンには全然向いてないんだけど、バンドになると超かっこいい。いろんな音楽ができるわけじゃないけど、その人にしか出来ない音楽がある。そんな人達。

ジミー・ペイジとか、ジョージ・ハリスンとか。ペイジ先生なんかはもう伝説級です。

 

しかしドラマーはどうだ。

あれ?ヘタウマなドラマーって聞いたこと無くね?

 

というわけで、今日はヘタウマなドラマーを探してみようと思います。

 

ドラムテクニックにおける「上手い」とは何か?

まず、テンポキープ。これが基本中の基本です。

スタジオミュージシャンには必須ですね。これが無いとマトモに演奏できない。マジで。

 

そして、引き出しの多さ

いろんな曲がある中で似たようなフィルインばっかりだと、ちょっと素人っぽく聞こえてしまいます。

数々のジャンルをこなす中で、膨大なフレーズを身につけているのが、上手なドラマーと言われる人たちです。

 

グルーヴはテクニックとは別の話になってくるので外しました。

「ヘタウマ」=「テクニック的には下手だけどいいグルーヴがある人」ということですね。

 

ヘタウマドラマーを探す

THE BLUE HEARTS梶原徹也

[rakuten:chuya-online-fukuoka:10064961:detail]

ブルーハーツのドラマー、梶くん。

 

日本のロックに旋風を巻き起こした彼らの演奏。

テンポキープは出来ないこれといって目立ったフィルインも無い、でもめちゃくちゃ熱い

何よりスネアの「パァンッ!」って音がかっこよく聞こえる。なんだろうな、この心地よさは。

 

次にドラムソロ。バスドラもずっと四分刻みだし、これといってテクニカルなことは何もやってない。

正直フレーズを真似するだけなら僕でも出来ます。

 

でもやっぱりプロは、「音」が違う。

「パァーンッ」って鳴らすとこと「ダララララ」って流すとこのメリハリが綺麗にできてますね。

この音が多くの人を惹きつけるのでしょう。やっぱり梶くんは凄かった。

 

NUMBER GIRLアヒト・イナザワ

モタるし走る。でもバンド全体はちゃんとついてきてるし、いい意味で暴れてるドラム。

アヒトイナザワのドラミングの特徴としてよく挙げられるのが「手数多め、拍長めのフィルイン」なのですが、いかんせん似たようなフィルばっかりなんですよね。

実はちょっとずつ違ってたりするんだけど、直線的なフィルばかりだから、全部同じ雰囲気、同じ印象になっちゃう

だがそれがいいストレートで攻撃的なフィルが、ナンバーガールの鋭さを創り上げています。

 

変なPVに変な曲。アヒト・イナザワの変人っぷりが窺えます。

ボーカルの向井秀徳もなかなかの変態だ。

 

こんなのも見つけちゃいました。やっぱり僕は下手糞なアヒトが好きです。

 

ザ・ビートルズリンゴ・スター

伝説。言わずと知れたビートルズのドラマーです。

 


笑っちゃうくらい地味なフレーズです。

しかも他のロックバンドみたいに、「スタタタンッ!」って力強く叩くわけでもなく。あくまで軽く「テテトッ」って、なでるように優しく。恐る恐る叩いているようにすら見えます。

 

しかしリンゴスターは、いまだに多くのドラマーに支持され続けています。

その理由がこのグルーヴ。ビートルズを下から支える、素朴で自然なサウンドとグルーヴが素晴らしすぎるのです

ついでに言うと、リンゴスターって実は左利き。利き手でスネア、利き手じゃない方でハイハットを叩います。

リンゴのグルーヴの秘密はここにあるのかもしれない。

 

下手でもかっこよく聞こえる理由

やっぱり、そのバンドに合った雰囲気が出せているからでしょう。

どのドラマーも、バンドのサウンドにしっかりとハマっている。稚拙でも一生懸命だったり、鋭く厳しかったり、逆に丸く優しかったり。

 

その証拠に、彼らが全然方向性の違うバンドで叩こうと思っても、ただの下手糞になるでしょう。アヒト・イナザワくるりのサポートとして参加したときは、くるりのボーカリスト岸田に激怒されました。

NUMBER GIRL向井秀徳が結成した「ZAZEN BOYS」というバンドでも、アヒトのサウンドは求められず、けっきょく脱退という始末。ちょっと可哀想にもなります。

 

ただしヘタウマを目指して練習しない奴、おまえは下手糞だ!!

気を付けなければいけないのは、「俺はヘタウマだから~」とか言って全く練習しない人。

それはヘタウマではなくただの下手糞。

基礎練習もしない、仲間とのセッションもしない、それでは音楽活動をしているとすら言えません。

 

それに、楽器で食っていくなら、テクニックは必須です

あなたのやっているバンドがビートルズみたく大ヒット...ってのは今の時代、難しいでしょう。というかいつの時代でも難しいことだ。

テクニックを極めること。アマチュアドラマーの第一歩はそこなのではないでしょうか。

 

おしまい。