ここだけの話。

ここだけの話。

多趣味な学生の多趣味な奮闘記。

人にしたことは自分に返ってくる

f:id:pump9015:20170716134759j:plain

「人にやさしく」は善?偽善?

学校の教育では、道徳的な考え方として「人にはやさしくしましょう」と教えられる。

これは日本だけでなく、ほぼ世界中の国で教えられていることだと思う。

 

反抗期だった僕は、その教えに対してこう思っていた。

「それ嫌われるのが怖いだけでしょ??wwけっきょく自分が大事なんだーww」

クソガキである。

 

しかしこの考え、あながちハズレでもない。

人にやさしくするのは自分のため。その通りだ。否定のしようがない。

そもそも誰も人のためとは言ってない。自分のための「人にやさしく」なのだ!

 

やさしくすれば、やさしくされる

やさしくしてくれる人には、恩返ししたくなる。これは当然のことだ。

僕も普段から周りの人のサポートを心掛けているつもりだ。その割には友達が少ない気がしないでもないが。

 

ここで注意してほしいのは、「見返りを求めるのは間違い」ということ。

そもそもこの理論は「したくなる」「されやすくなる」レベルの話で、相手にした相応の対応がそっくりそのまま数学的に返ってくるわけではない。

それなのにお門違いにも見返りを期待してしまうとどうなるか。

 

「俺はしてあげたのに相手は何もしてくれなかった!」

「頼んでもいないのに干渉してきて謝礼まで求めてきやがった!」

 

喧嘩になるだけである。

見返りを求めると、見返りがないだけで嫌な気分になるし、見返りを求められる側も反発したくなるというもの。

期待すればするほど得られない、皮肉なことになる。

僕のことである。

 

「都合のいい人」になってはいないか?

相手を想い、まっとうな喜びを与えてあげられるのがやさしさである。

「パチンコに行きたいらしいのでお金を貸してあげる」というような、相手をひねくれた快楽に誘うの人は、ただの都合のいい人である。

「相手の目先の快楽」ではなく「相手のこれから先の人生の幸せ」を願ってあげるべきだということだ。

 

パチンコに行くお金をあげたら、たしかにギャンブル依存の彼は喜ぶだろう。

しかし、本当にその人にことを想うなら、パチンコをやめさせる努力をするべきだろう。

大損してイライラするより、後者の方が圧倒的に人生を豊かなものにする。

 

そしてもうひとつ。できないときはきっぱりと「できない」と言おう。

できないのに「わかった!やってあげるよ!」なんて言われても、後々面倒なことになるだけだから。

 

最後に - 最短で最大の効果を生み出す「やさしさ」

一番手っ取り早いやさしさといえば、なんといっても「笑顔でいること」だ。

笑顔で人は元気になる。エネルギーがわいてくる。感情は伝染し、連鎖し、より多くの人を救ってあげられる

そして、ありがた迷惑になることがない。笑顔がうれしくない人などいないからだ。

 

・・・(ニコッ)

僕に友達が少ない原因は、笑顔がぎこちないことにあるのかもしれない。

 

おわり。