ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

謝るときは「すみません」より『ごめんなさい』を使うべき

f:id:pump9015:20170703132634j:plain

 

僕が「ごめんなさい謝罪」をオススメする理由を3つ紹介します。

 

①誠意が増す

「すみません」と「ごめんなさい」の違いをざっくり説明。

 

実は、「すみません」には「自分に非があることを示す」という意味があり

「ごめんなさい」には「相手に許しをこう」というニュアンスが含まれています。

 つまり、「はいはい僕が悪かったよ~」が「すみません」であり

「僕が悪かったです...許してください...」が「ごめんなさい」なのです。

 

「ごめんなさい」の方が誠意を感じられますよね。

そして下手に出ているため、謝られる側も反感を抱きにくくなります。

 

もっと言うと、「すみません」は活舌の悪い人に厳しい。

相手に迷惑をかけたときにあせって早口で言うと、「すいません」、もっと酷くなると「サーセン」になりかねません。

学生の頃の喋り方が癖になっていて「サーセン」っぽくなってしまう人も多いでしょう。

 

 

②人と仲良くなれる

さっき「すみませんは事務的」と言ったけれど、「ごめんなさい」は親しい人に対して使う傾向があります。

つまりどういうことかと言うと、「ごめんなさい」を使うだけで、親近感が出て相手と仲良くなりやすいということ。

 

ただの知り合いに対して極端に親しい人のように振舞えば、それはただの「馴れ馴れしい人」になってしまう可能性があります。

ところが「ごめんなさい」は、それを使うことに不自然さがない。「ごめんなさい」は使うだけで自然と距離が縮まってしまう、魔法の言葉なのです。

「ありがとうございます」じゃなくて「ありがとう」と言われた方がちょっと嬉しいのと同じですね。

 

特に普段はクールな人が使えば最高だよね。

 

③かわいい

なんてフザけた理由だろう。

 

「先輩!お茶どうぞ~!」

『お、ありがとう』

ガチャッ

『あちゃっ!熱ぅ!!』

 

「あぁぁっ!すみません!」

「あぁぁっ!ごめんなさいっ...!」

 

前者は後者に比べると、なんとなく事務的なものに聞こえません?

後者の方が後で「これ、さっきのお詫びですっ」みたいな展開になりそう。

これは僕の妄想がすぎるのでしょうか。

 

とにかく「ごめんなさい」を使う女の子の方が絶対にモテる。と僕は思う。

 

まとめ - 得する日本語の使い分けを!

日本語ってのは似たような意味の言葉が多く、世界の中でも難しい言語だとよく言いますが

言葉に工夫を加えるだけで細かいニュアンスをつけられるのも、日本語の魅力でしょう。

  

お得な言葉は積極的に使っていきましょう。

おしまい。