ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、自己啓発(オナ禁)の記事を書いているつもり。

無表情だからこそおもしろい、真顔パフォーマーの魅力。

 

僕ね、真顔でおもしろいこと出来る人が好きなんですよ。

好きっていうか尊敬します。ウケを狙うのってちょっと照れるし、白けるのを気にしてヘラヘラ笑っちゃう人って多いんですけど、無表情でウケを狙える人は本当に凄い。

 

ってなわけで、今回は僕がハマった真顔パフォーマーを二組紹介します。

 

Blue Man Group(ブルーマングループ)

f:id:pump9015:20171126092558j:plain

青っ!!そして目力つよっ!!

 

彼らがBlue Man Groupです。直訳すると青い男の集団。そのまんまですね。

音楽パフォーマーという言葉が正しいのかはわかりませんが、音楽グループでありパフォーマンス集団でもあり、また一種のアートといってもいいのが彼らです。

見ての通り顔面を青色で塗りたくった無表情な男たちなんですが、無愛想で不器用な見た目に反して、やってることはとってもクリエイティブな人達なんです。

 

見たことも聞いたこともない謎の楽器の数々。楽器といえるのかすら分からない。

音楽もなんか不思議ですね。かっこいいです。

11:27~からはテンション最高潮。陽気なラテンのリズムに合わせて真顔でマラカスを振る男たち。お客さんの笑顔がまた素敵です。

最後まで一言も喋らないところも、いい意味で人間味がない。

 

他の動画では、三人で色水をぶっかけた太鼓を叩いたり、ドラムやギター、ベースと合わせてたり、なんかいろいろ面白いことやってます。

中の人の正体が気になるんですが、公開されてないようです。

オーディションで選抜されてるんだとかなんとか。

 

Tape face(テープフェイス)

f:id:pump9015:20171126103201j:plain

この恐ろしい顔をしたお兄さんがTape face

観客と審査員、そしてテレビの視聴者の前で公開オーディションをするアメリカの大人気番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出場して話題になった人物です。

2016年には決勝にまで進出して、今では常連となっています。

 

口にガムテープを貼り、目の周りを黒く塗り、バックひとつの身軽な恰好で登場。

審査員の質問にも答えず、何を始めるのかもわからない。怪しさ満点。観客も困惑気味ですね。

 

ところが。芸が始まった途端会場は大ウケ。爆笑の嵐です。

2:41~からの一人イチャイチャとか最高にくだらない(褒め言葉)。そして男審査員がなんだか嬉しそうにしてるのがまた面白い。

7:03~からなんか何がしたかったのかすら分かりません。ただ美人の審査員と手をつなぎたかっただけなんですかねw粘土を握らせてるの下ネタかと思った

 

ちなみに彼、年齢は40越えてるそうです。

化粧のせいで若く見えるんでしょうか。

 

真顔で冗談を言う人のおもしろさ

真顔で冗談が言える人はギャップの塊です。

どこかで「真顔で「うんこしてぇー...」て言ったら絶対ウケる」みたいな話を聞いたことがあります。これも表情と言葉の内容でギャップを作っているからウケるんです。

照れながらボケられても、なんだか吹っ切れてなくて、あんまり笑えないですよね?

 

(もうサービス終了しましたが)Vineで見かける面白くない女子高生も、だいたいエヘヘヘって笑いながら芸人の真似をしてるとか、そんな人。

逆におもしろい人ってのは全力でキャラを立てて笑わせてきますし、真剣にやってておもしろい失敗してるのが一番笑っちゃいます。野球の珍プレーがいい例ですね。

 

それと今回紹介した二組は、どちらも無言なのが特徴。

一言も話さずに動きで観客を笑わせる、そういえばそういう職業がありましたね。

f:id:pump9015:20171126114230p:plain

そう、ピエロですよ。

ピエロって見た目は普通に怖いじゃないですか。ホラー映画でも使われるほどです。

でもサーカスのピエロは面白い。ジャグリングとか空中ブランコとかそういう大道芸ももちろんですが、何よりもピエロとしての動き、ピエロというキャラクターがいいんです。

 

まとめると、真顔パフォーマーのおもしろさの秘密は「キャラクター」「ギャップ」ということになります。

難しいですねこういうの。笑いっていうのは本当に掴みづらいものなので。

僕ももっとおもしろい人になりたいです。

 

おしまい。

チャットモンチー完結。これまでのアルバムを振り返ってみる

チャットモンチーが解散するそうですね。

natalie.mu

僕はというと、超ショックです。

気付いている人もいるかもしれませんが、このブログタイトル「ここだけの話。」って、実はチャットモンチーの楽曲からとっているんですよ。

チャットモンチー 『「ここだけの話」Music Video』 - YouTube

この曲がもともと好きで、ブログタイトルを考えていたときに「これだ!」と思ったんですね。

そんな縁もあって、チャットモンチーは大好きだったんです。

 

今回はそんなチャットモンチーのアルバムとか来歴とかを、曲紹介も兼ねて振り返ってみます。

 

メジャーデビューと1stフルアルバム「耳鳴り」

2005年9月、メジャーデビューした当時のチャットモンチーは、橋本絵莉子福岡晃子高橋久美子のスリーピース構成でした。

雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』では「数年に一度いるかいないかの新星登場」と紹介されたそうです。

 

そして2006年7月に発表したのが「耳鳴り」。

ちなみに「耳鳴り」は1st"フル"アルバムという扱いで、実は「チャットモンチーになりたい」という自主制作した1stアルバムが存在します。

「耳鳴り」は1stフルアルバム、2stアルバムです。

 

「耳鳴り」の中でも注目の一曲は、やっぱり『ハナノユメ』でしょう。

独特のドラムフレーズが印象的。僕も練習曲として叩いたりしてました。

「グルグル」とか「ドクンドクン」とか、擬音語を多用した歌詞も可愛らしくて好きです。

 

3stアルバム「生命力」で大好きになった

僕が「チャットモンチーやべぇ!」って本気で思ったのがこの『親知らず』

何がいいって、歌詞がめちゃめちゃいいんですよ。

大丈夫 写真はこれからも 和やかに 色あせず
ひとりで暮らす部屋の中 光を放っていくのです
私もいつかこんなふうに 人を愛せるだろうか
幸せの意味を誰かと わかりあえるだろうか 

ノリがよくややアップテンポで、声を張り上げる歌なのに、すっごく愛おしいこの歌詞。一曲目にこれが収録されてんだからたまらない。

この歌詞がどう良いのか解説しろ、と言われると出来ないんですけど、なんか歌がぐいぐいと体の中に入ってくるんですよね。

 

そして更に、チャットモンチーの代表曲『シャングリラ』も収録されています。

ちょっと変拍子が入ってて、でも相変わらずノリがよくてキャッチーで、やっぱりチャットモンチーらしい曲です。

今聞いても全然色褪せませんね。

 

4stアルバム「告白」が全盛期

僕が一番推していきたいアルバムがこの「告白」です。

僕の好きなチャットモンチーのアルバム、ダントツ一位です。

 

失恋をテーマにした曲『染まるよ』

ゆったりとした曲でも勢い止まらず、最後まで盛り上げまくる。

そしてメロディーも異常なくらい良い。何回でもリピートしたくなります。

それにしても、この曲聴いて「ドラム上手いな」って改めて感じますね。テクニック的に凄いんじゃないんだけど、フレーズやら盛り上げ方やらがとってもグルーヴがあって、心の底から良いドラマーだと思います。

 

ロックのカッコ良さが全面に出た『風吹けば恋』も収録。

甘酸っぱい青春のメロディーと歌詞、爽やかなスポーツ女子を連想させます。

2:59~のギターフレーズもかっこいい。ギターはやったことが無いのでどれだけ凄いのかは分かりませんが、かっこよさは最高です。

これぞギター!っていう感じの音がいいですね。

 

あともう一曲、『染まるよ』の次に収録されていた『CAT WALK』という曲も紹介したかったんですが....

動画が見つからない!

隠れた名曲です。正直シャングリラよりも好きです。なんでこんなに埋もれてしまっているのかがサッパリ分からない。

あぁ 今日もこの手で必死に 何かつかもうとしているよ
あぁ 今日もこの胸は 息を吸っては吐き出して
10分後も10年後も 同じように生きているだろうか

 ここの歌詞がどうしようもなく好きなんですがね、誰か分かってくれる人いないかなぁ...

カバーならYouTubeにいくつも上がってるので、気になったらちょっと聞いてみてください。

 

2011年、高橋久美子(Dr.)が脱退

2011年9月29日のライブをもって、ドラムの高橋久美子が脱退。これが大ダメージでした。

ドラムパートはサポートが入るからまぁいいとして、問題は歌詞です。

実は、チャットモンチーの楽曲のほとんどは、高橋久美子が作詞していたんですね。

 

高橋久美子脱退後は残った二人が歌詞を書いているんですけど、僕の感想としては

「やっぱり昔のチャットモンチーがいいな~」

ってのが正直なところ。

こう思っていたの、僕の他にも多かったんじゃないでしょうか。

 

高橋脱退後のアルバムはマンネリ

高橋久美子脱退後も「YOU MORE」「変身」「共鳴」などのアルバムが出ましたが

「なんか違うなぁ...」っていう、どこか冴えない楽曲が続いてるように感じました。

 

僕もいまだに聞き返すのは「生命力」「告白」あたりで、最近の曲は全く聞いていません。

やっぱりチャットモンチーにとって高橋久美子の存在は大きかったんだなぁと、しみじみと思います。

 

まとめ: チャットモンチー解散、皆なんとなく分かってたよね?

全く持って同感。

 

売り上げもじわじわと減ってきているでしょうし、「なんかアレだなぁ」って気はしてましたよね。

少なくとも「チャットモンチーやっぱ最高だぜ~!!ブーム再来ワンチャンあるんじゃねぇの~!?」ってノリで聞いていた人は居ないと思います。

改めて最近の曲と昔の曲を聞き比べても、やっぱり楽曲の変化を感じてしまいました。

 

解散の理由として公式サイトには

チャットモンチーという名前を脱いだ方が新しいところへいけるのではないかと思い始めました。

とあります。

バンド解散してからも音楽活動は続けるようなので、これからに期待しましょう。

 

ラストアルバムも楽しみにしています。

おしまい。

受験シーズンなので、平日ネット禁します。

f:id:pump9015:20171125175324j:plain

全国の学生の皆様、受験勉強頑張ってますでしょうかー?

 

僕はというと、全く頑張っておりません。

最近ようやく勉強をするようになってはきたんですが、他の受験ガチ勢と比べるとクソみたいに少ないです。

筋金入りのサボり症なので、ネットサーフィンの方に逃げちゃうんですよねぇ...

 

さて、先日三者面談がありました。

先生によると、僕の志望校合格は

「微妙」「勉強頑張らないと落ちる」

ということだそうです。

  

うーん、なるほど...勉強時間増やせと...

でもなぁ...ネットサーフィンのほうが楽だしなぁ...一回触り出すと止まらないんだよなぁ...

 

・・・よっしゃネット禁したるか!!

 

平日はネットに一切触れないことにしました。

ブログは休日にまとめて記事書いて、予約投稿でポツポツ更新、という形にします。

 

変わることといえば、Twitterが今まで以上に過疎るということと、僕が他のブロガーさんの記事を見れなくなるということくらいですね。

うーん、休日のネットサーフィンが酷くなりそうな気がする。

 

お知らせは以上。これからもよろしくお願いします。

 

P.S.

最近「学生ブログ部」というやつに参加してみました。学生ブロガーさん限定の共同ブログだそうです。

www.gakusei-blog.evolvery.net

僕以外のメンバーはみんなベテランブロガーっぽい人たちばかりです。

僕はというと、コミュニティに全く顔を出せてない上に、共同ブログへの記事投稿のやり方すら分かりません。

 

メンバー募集はまだやってるそうなので、学生ブロガーさんはぜひ参加してみてください。

初心者の方が参加してくれると僕の肩身が広くなって嬉しいです。

読書メーター始めてみた。

f:id:pump9015:20171118214534j:plain

読書メーターはじめました。

読書メーターとは

bookmeter.com

Wikipediaには「日本最大級の読書コミュニティサイト」とあります。

一応メインの機能は「読書記録」になると思うんですが、これがやたらと多機能なんです。

  • 本を「読んだ本」「読んでる本」「積読本」「読みたい本」に登録できる
  • 読んだ本に255字以内で感想を書ける
  • 読んだ本の冊数、ページ数、著者などをグラフ化して見ることができる
  • 読んだ本の情報を元に、他ユーザーとの相性度を見ることができる
  • コメントで他ユーザーと交流できる

ざっと挙げてもくれくらい。

「本の感想」のコメントもそうなんですが、本とは関係なくコメントできる「つぶやく」という 機能もあります。Twitterだよねこれ

 

読書メーターを始めようと思った理由

ひとつめ。書評記事を書こうとしたときに「最近なに読んだっけ?」とならないようにするため。

おもしろい本でも余程のことでない限り忘れますからね。タイトルもそうですが、内容もうろ覚えになりますし、何より「読了後の率直な感想」が欲しい。

というわけで普段から読書メーターで小まめに簡単な感想を記録しておけば、書評記事を書こうと思った時に捗るかなぁ、なんて思ったわけです。

 

ふたつめ。いろいろ読んでるのにほんの一部しか記事にしないのは勿体ないと思った。

僕がこのブログで紹介する本は、だいたい「とてもおもしろかった本」か「つまらなすぎて逆に紹介したくなった本」です。ほとんどの「普通におもしろかった本」は普通にスルーされるわけです。

しかしこれで「パプキンさんってあんまり本読んでないよね」と勘違いされては困る。日々読書に励んでいることをもっとアピールしたい。

というわけで、読書メーターを通してアピールさせてもらおう、という結論に至りました。

 

みっつめ。せっかくなので読んだ本全て書き出してみたかった。

ただの好奇心です。今月は何冊読んだ、っていう達成感を味わってみたいんです。

 

というわけで

これから読んだ本は全て読書メーターに記録していきます。

出来る限り短い感想も付け加えておくことにします。

 

「パプキンのブログ、書評記事しか興味ねーんだけど」という方は、ぜひお気に入りに追加してやってください。

パプキン - 読書メーター

 

おしまい。

ノー勉・勉強してなくても点数がとれる人

f:id:pump9015:20171119164840j:plain

「勉強してなーい」とか言いつつ、テストで一応上位に入るくらいの点数とってくるやつ、いるじゃないですか。

 

僕のことです。

 

授業以外の勉強はしない主義を貫いてます。ド田舎の残念な学校で、上位5人には必ず入っています。

今回はなぜ僕がそこそこの点数をとれるのか、そしてそんな自分のことをどう思っているか、ということを書いていきます。

 

ノー勉でもそこそこ出来る理由

①授業中だけで理解できる

中学校の勉強は簡単だから、と言われればそうかもしれませんが、僕は授業で先生の言っている意味がわからなかったことは一度もないです。

放課後に学校に残って勉強している人達を見ると、大抵「先生の言ってる意味わからん~」なんて言ってます。

 

ただ、理解できたからといって記憶できるとは限りません。

社会みたいな暗記教科や英単語などは、理解できるできないとは全く別の話になりますからね。

数学なんかは、きちんと理解できれば応用も簡単になってくるので、勉強しなくてもかなりの点数がとれます。

 

もうひとつ付け加えておくと、僕は授業はかなり真面目に受けてます。

授業までサボりだすと本当に最下位レベルになりますからね。家庭学習に勤しむ余裕があるなら授業中もっと集中しろ、ってスタンスでやってます。

 

②理解の深さが違う

また理解の話になります。

僕の学校は公立なので、クラスの中で成績にかなりの差があります。ちなみに全体の成績は全国平均を大きく下回ります。

そんなクラスの、かなり勉強が苦手な部類の男の子の一言。

「『 -1-2+4 』って、最初の1はマイナスで、次の2は引く2ってこと??」

 

...??(^ω^;)

その男の子は数学が異常なくらい出来ない人で、「マイナス」と「引き算」が別物だと思っているんですね。

だから『-』を見たときに、マイナスなのか引き算なのか、って考えてしまっているんです。まだプラスマイナスへの理解が浅い証拠です。

 

もうひとつ例を出すと、「『(x+3)(x+4)』はできるけど、『(√5+3)(√5+3)』ができない」という人がいます。計算の手順は同じなのに、「ルートの展開なんてわかんなよ~」って言っちゃう人。

数学で習うことは全て数値の表現のひとつです。1÷2も0.5も1/2も、全てひとつの数値を表しています。大きな違いはありません。

そこまで理解できていると、「(x+3)(x+4)」も「(√5+3)(√5+3)」も大した違いはない、ということが分かってくるでしょう。

 

③記憶力の差?

もちろん記憶力が優れている人もいるんでしょうが、僕はそっちの人じゃありませんでした。記憶力は人並みです。

授業は真面目に受けてるんですが、暗記教科は中の上ってところですね。

記憶力がよければそれこそクラストップになれたと思うんですが、それが無くても理解力と授業の集中だけでそこそこ出来ると思います。

 

ノー勉でもできる自分をどう思っているか

謙遜でもなんでもなく、僕は自分が天才だと思ったことは、一度もありません。

僕は人よりちょっと理解力があって、数学や国語の「予備知識がいらない問題」で点数を稼いで、ギリギリ上位にぶら下がっている人間です。

社会みたいな暗記教科の点数は普通に悪いですし、家に帰ればただのサボり魔です。クソ野郎です。

「勉強しないで出来る俺すっげー」って言い出したらもう人生終わりですわ。

 

それに第一、天才ってのはもっと凄い人です。

ずば抜けた理解力と記憶力があって、なおかつ勉強が好きで努力家で、なんて人がこの世にはうじゃうじゃいます。上には上がいるんです。

勉強のできない人に「天才だね!」って言われても、「お前に言われてもピンとこないなぁ...」ってなりますよ。

 

最後にもうひとつ、勉強ができるできないって、たいした違いじゃないですよ。

勉強ができるも、運動ができるも、笑いがとれるも、お尻で割りばしが割れるでも、全部同じ。学歴社会なので勉強が重要視されがちですが、どれも個性であり長所なのです。

 

「頑張ってるのにノー勉野郎に勝てない...」って人もいると思うんですが、誰だって劣等感を抱かれるのは好きじゃないですし、あんまり気にしない方がいいと思いますよ。

勉強ができる人間を目指すよりも、勉強できるできないに執着しない、もっと自由な人間を目指すべきだと思います。

 

おわり。

【好きなドラマー】 伊地知潔 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)

f:id:pump9015:20171119091134j:plain

ASIAN KUNG-FU GENERATION通称アジカンのドラマー、伊地知潔です。

 

伊地知潔の魅力

www.youtube.com

まず聞いてもらいたいのは演奏力。

聞いてもらうとわかるんですが、伊地知潔は割と手数多めのドラマーです。

フィルインも耳にすっと入ってくるんですが、よくよく聞いてみると地味に細かいことをやっている。

そしてそれにも関わらずリズムは正確無比、しっかりとバンドを支えています。

 

この正確なリズムの秘密は何かっていうと、伊地知潔の中学時代にあります。

なんと中学の頃、全国強豪レベルのマーチング部に所属していたそうです。

本人曰く「ここでドラムスの手の基礎ができた」とのこと。

www.youtube.com

マーチングの影響はフレーズにも表れています。

キヨシとオニィ(大喜多崇規)のドラムバトルからセッションが始まってるんですが、キヨシのソロはロール入れまくり。

粒も驚くほど綺麗に揃っていて、マーチング出身らしいですね。

www.youtube.com

この曲の 2:24~ のフレーズなんか鳥肌もんですよ。

暗い雰囲気にドタバタしたリズムを合わせるのって斬新ですが、これがまたいい焦燥感を作り上げている。

本当にいいドラマーだと思います。

 

それともうひとつ。

僕が何よりも尊敬しているところであり、また僕が一番影響を受けていると思うのが、音作りです。

「えぇ?ここにきて音作り?そんな地味なことかよぉ?」って思うかもしれませんが、そうなんですよ。

www.youtube.com

伊地知潔の音、めっちゃ気持ちよくないですか?

全体的にローピッチで太い音、僕好みの音です。このチューニングが一番ロックだぜ!なんて思っています。

ちなみにブラススネアを使っているそうで。曲に埋もれないのも納得。

 

伊地知潔はモテ男

ここからはドラムとは関係ない話になります。伊地知潔って絶対モテるよね?って話。

 

伊地知潔のモテポイント①。顔がかっこいい。

f:id:pump9015:20170805094723j:plain

イケメンだよね?

「そんなことない」って言う人もいますが、普通にかっこいいですよね。周りが普通のおっさんすぎるからかもしれないですが。

もちろんアイドルみたいなずば抜けたイケメンと比べると全然なんですけど、周りに居たら男女問わずモテるタイプだと思います。

人なつっこい笑顔がチャームポイント。年上に可愛がられてそう。

 

伊地知潔のモテポイント②。料理ができる。

ばばーん。金澤ダイスケとコラボしたレシピ本です。

高校在学中からカレー屋でアルバイトをしていたそうです。その延長で料理好きになって、ついにレシピ本発売。

何やってるんでしょうねこの人。

 

本当はもっとたくさん曲紹介したかったんですが、だらだら続いてもいけないので、この辺でやめときます。

ちなみにここでは紹介しませんでしたが、PHONO TONESというインストバンドでもドラムを叩いています。

モテドラマー兼料理人、伊地知潔でした。

 

おしまい。

祝100記事達成!ブログ運営の振り返り

今回はとってもおめでたい記事です。

「ここだけの話。」が、ついに100記事達成しました!

f:id:pump9015:20171118211444p:plain

うぇーい。

せっかくなので、今回はちょっとした反省と、これからの方針を決めようと思ってます。

現在のアクセス状況

アクセスはじわじわと右肩上がり。

最近は少なくとも 350PV/日 以上、多いときで 570PV/日 を上回りました。一日100アクセスで喜んでいた頃が懐かしいです。

 

問題があるとすれば、アクセスの9割が検索流入ということ。

ちょっとどう考えてもおかしいですよね。一応はてブTwitterもやってるのに。

 

そしてフォロワー少なすぎ問題も深刻。

現在の読者は15人、Twitterのフォロワーは30人。どうなってるんでしょう。

Twitterに関してはほとんどツイートをしていないというのもあるだろうけど、それにしてもあんまりじゃないでしょうかね。

 

ブログ運営の振り返り

アクセスが増えたきっかけは、記事をリライトしたことです。

qblog-main.hatenadiary.jp

詳しいことはこの記事に描いてるんですが、ブログの文体を常体⇒敬体に変えました。

結果はアクセス1.7倍。超効果あり。

最初から敬体でやっていれば、今の状況も違っていたのかなぁなんて時々考えます。

 

何よりも反省すべきは、自分のブランドを理解していなかったこと。

知ってる人も知らない人もいるでしょうが、僕って中学生ブロガーなんですよね。

実はこれ、凄いレアなんです。自分でいうのもなんだけど。

 

それなのにブログを始めたばかりの頃の僕は

「中学生って言うと舐められそうだし~年齢は公表しなくていいや~」

って思っていまして。"ただのブロガー"に成り下がっていました。

 

今考えると、本当に勿体ない。

中学生というレアなブランドを活用してなかったなんて、信じられないです。

今も中学生ブロガーということを推しまくっているわけではないですが、プロフィール欄には必ず「"中学生"ブロガー」と書くよう意識してます。

あんまり効果は感じないですけど

 

100記事達成して気付いたこと

一番は、「100記事越えたらアクセス倍増」は迷信、ってことですね。

何度も言いますが、アクセスはじわじわと右肩上がり。アクセス倍増なんてしてないです。

もちろん「100記事は目安だ!じきにアクセス爆発するから!」と言われると反論できないんですけど、やっぱり一定の記事数を超えることでアクセスが大きく変化することがあるとは思えないです。

でもまぁ「とりあえず100記事書け!」という教えはシンプルでわかりやすく、いい目標になりました。初心者はやっぱり"とりあえず100記事"の精神でいいと思います。

 

もうひとつが、「検索してくれる記事」と「話題になる記事」は全く別物、ということ。

これも言いましたが、僕のブログのアクセスはほとんど検索流入なんですね。

これは僕が「検索される記事」を意識してるからです。キーワード選定とかそういうところも、しっかりとちゃっかりとやっています。

 

一方「読んでくれる記事」というのは、話題になるような記事のこと。

みんながなんとなーく検索するようなことではなくて、もっとアイデアを凝らした記事ですね。

「アイデアが凄いブログ」は検索流入は少ないですが、読者数はめちゃ多いです。僕とは正反対。

 

要するに僕のブログは「検索してくれる記事」ばかり増えてしまっているから、読者が少ないんですね。

寂しいです。誰かおもしろいアイデアの記事ください。

 

これからの方針

これからはもっと「自分にしか書けない記事」を意識したいです。

率直に言うと読者増やしたいです。

 

ヒトデさんとか、ちきりんさんみたいな「名前が売れているブログ」が理想。

Twitterの方もちょこちょこ活動していこうと思っているので、フォローよろしくお願いします。

 

おしまい。